検索
 

2009年12月26日

日本国民は損害賠償を請求すべき

 民主党が政権をとってから日本は日に日に衰えていることを実感する。世界も日本を敵視するようになっている。

 これは海外で暮らす友人の話なのだが、海外では民主党が政権をとってから日本人の子供がいじめられるようになったというのだ。確かにそうだろう。鳩山という、小学生よりも劣る脳みその持ち主が国のトップなのだ。いくらアインシュタインが賛美する万世一系の天皇家を奉じていても日本人はバカだと思い、日本人をいじめても良いと思ってしまうのだろう。

 そこで日本国民は鳩山総理に日本の名誉を傷つけたということで損害賠償をしてはどうだろうか?金額に換算すると1人当たり最低でも1万円はくだらないので、1兆円の損害賠償を請求するのである。

 もちろん、1兆円の損害賠償となると多くの愛国者達が立ち上がらないと不可能。心ある愛国者から認められるこの愛国ブログをもってしても動員には限界がある。

 そこで私はチャンネル桜の方々にお願いをしてはどうかと思うのだ。チャンネル桜はかつてNHKに対して訴訟を起こしたことがある。こんどは鳩山政権に対して訴訟を起こしてもらうのだ。

 日本人の名誉のためには一刻も早い対応が必要である。金がほしいからではなく日本を何とかしたい気持ちが私を動かすのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
とても良いアイディアだと思うので、是非先陣を切ってやってください。あなたが勝訴すればみんな続くでしょう。
Posted by 愛国同士 at 2009年12月26日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

保守待望論
Excerpt: 保守再生と鳩山内閣の売国政策に関して、12月20日に放送された、「たかじんのそこまで言って委員会」に、安倍晋三元総理と櫻井よしこ氏が登場して討論している貴重な動画を紹介しよう。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2009-12-26 21:06