検索
 

2010年01月19日

朝日新聞の社長は捏造の責任をとって辞任すべき

 朝日新聞がまた捏造報道をした。外国人参政権に賛成60%、反対29% 朝日世論調査と言う記事だ。

 これが捏造だと言える根拠は、2つある。まず、外国人参政権は国民のほとんどが反対していることである。ネットを見ればわかる。ほとんどが外国人参政権に反対しているサイトであり、賛成しているのはごく少数である。私の周りにも賛成したのは東大に行ったバカしかいない。
 
 もうひとつは、調査方法の問題である。仮に、この結果が正しいものと仮定しよう。そうすると賛成したのは反日宗教組織・日教組の狂信者か在日のどちらか。だが、朝日新聞は無作為にコンピューターで選んだと書いている。従って調査方法の点において捏造したと言える。

 朝日新聞は珊瑚礁事件からまったく進展していない。あの時は社長も責任をとって辞任したのだから。今回もそれに従うべきであろう。
posted by 愛国 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[電子機器][Fabrication]【緊急開催決定】1.23 日本人を巣食うカルト商法を叩き出せ!がんばれ日本!外国人地方参政権絶対阻止!緊急国民大行進in渋谷
Excerpt: 日頃から日本人を堕落せしめ汚いやり口で奪った金で、朝鮮総連を通じての核ミサイル増備の一番の資金源ともなっているのが日本のパチンコ業界です。我々の日頃の国民行動により、次々と総連の悪事が白日のもとに曝..
Weblog: Spa & Resort @ 釧路 NINJA
Tracked: 2010-01-20 20:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。