検索
 

2010年02月21日

世界に竹島をアピールしていこう

 明日2月22日は竹島の日だ。韓国が不法占拠しているわけで日本としては何としてもこれを取り返さねばいけない。

 決死隊を募り竹島に向かい、竹島にいる韓国人を追い出したり殺したりして取り戻すのは簡単ではあるが、愛国者が死んでしまう可能性もありなかなか踏み切れないのが現状だ。

 そもそも竹島については右翼にも反省しないといけないところがある。北朝鮮との対決を強調するあまり、韓国を無視していた嫌いがあるためだ。

 サヨクが右翼のふりをして「日韓の障害になるなら竹島を爆破してしまえ」と叫んだことがあったが、我々はうかつにもそれに乗ってしまった。確かに拉致された被害者を取り戻すためには韓国に譲歩するのもやむをえないこともあったかもしれない。

 だが、韓国は北朝鮮と手を組んでいたことが判明した今、そのような遠慮をする必要はない。世界中に竹島の現状と韓国の非道振りをアピールしていこうではないか。

 国内については問題はない。他の愛国者がやってくれるだろう。だが、問題は海外だ。どのようにしてアピールをしていけば効果的なのかと考えたがちょうどいい機会があるではないか!

 そう、バンクーバーオリンピックである。世界中が注目するイベントを使わない手はない。バンクーバーにいる日本人は22日前後に竹島をアピールするプラカードを持って応援に行こう!

 そして、テレビカメラに堂々と映り世界に竹島をアピールするのだ!また今日の韓流通信さんのような嫌韓サイトのurlも載せておくのだ。そうすれば世界中に日本の正しさと韓国の卑劣さが知れ渡る。(英語版のがいい。残念ながら私は英語ができないので探すのは各自でお願いします。)

 竹島の日にオリンピックが開かれるのは幸運である。このチャンスを逃してはならない。
posted by 愛国 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…他人任せにも程がある。

いやしくも愛国者たる者がそんな態度では『竹島奪還(笑)』夢のまた夢でしょうな。
Posted by at 2010年02月21日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。