検索
 

2010年02月19日

やはり恥さらしだった国母和宏 味方は反日メディアだけ

 数多くの醜態で日本人の恥となった男、国母和宏。メダル候補と言われたが、天罰が下り8位。多くの日本人がその無様な痛々しい顔に喝采を送った。

 さて、1日がたち、各種メディアも当然この件を報じている。ここでスポーツ紙を確認してみたのだが、面白い傾向が見て取れた。

 まず、報知から。「国母失敗8位も、オレ流貫き悔いないで〜す」
「バンクーバー入りする際の日本代表公式服装の乱れから端を発した騒動は、会見で「反省してま〜す」の言い方が火に油を注ぎ、実に9日間にも及んだ。この日も会場に入る際のテレビ取材陣の問いかけは無視。試合後、取材エリアを素通りし、呼び止められると、ふて腐れるしぐさも。騒動の影響には「そんなの気にしていたら、やってられない」と強がり「いろんなことがあったけど、出られたことに感謝している」と淡々とした口ぶりで話した」
http://hochi.yomiuri.co.jp/vancouver2010/skiing/news/20100219-OHT1T00007.htm

 ついでデイリー「国母、最後まで醜態…8位入賞も反省なし」
「もっとも、試合後の態度は褒められたものではなかった。決勝2回目終了後、得点が出る前に、不満げに自らのゴーグルを投げ飛ばした。その後も、先に引き揚げた青野のインタビュー中、待機するように指示した日本オリンピック委員会の広報の指示を無視し、足早に取材ゾーンを後にしようとした。

 追いかけてきた報道陣の質問には「あ?あ?あ?」と挑発するように3回も聞き返し、一度は完全に取材ゾーンを出た。関係者にうながされ、インタビューに応じたかと思えば、口をゆすいだ水を上向きに吹き出し応対するなど、やりたい放題だった。」

http://www.daily.co.jp/olympic/vancouver/article/2010/02/19/0002723629.shtml

 そして、ニッカン・スポニチ・サンスポ
これについては平民新聞さんの「国母はどのように語られたか」が詳しいのでそちらを参照すると

・口元がゆがむ。感情は制御不能に陥った。決勝の2回目を終えると、まずヘルメットを夜空に投げ上げた。さらに、ゴーグルも投げ捨てる。これが性懲りもない『国母劇場』の号砲だった。
・いったん取材エリアの外に出て、再び広報に促されてやっと取材に応じた。質問には答えたが、ペットボトルを手に横を向き、口に含んだ水を上へ吐きながらの応対。
・試合後は報道陣を威嚇するような言葉を発するなど、やりたい放題。みそぎの舞台は不完全燃焼に終わった上、態度の悪さばかりが際だった。(サンスポ)

・国母は、国母らしく大会を締めくくった。ヘルメットを取り、ゴーグルを観客席に放り投げた。
・取材エリアでは、ペットボトルで水を口に含み、ペッペッと吐き出しながらしゃべった。決勝の1回目で口を擦りむき、血をにじませながら言った。(日刊)

・得点が表示される前にヘルメットを宙高く放り投げ、ゴーグルをスタンドへ投げ込んだ。
・取材に応じながら、切れた唇を洗うように何度も水を吐いた。(スポニチ)

 これを見れば日刊スポーツとスポーツニッポンがやけに国母に対して優しいかがわかるだろう。

 なぜこの両紙が国母に優しいのか?それは国母が民主党支持者だからに他ならない。(国母が民主党支持者である理由はかつて書いたのでそちらを見て欲しい。)

 そして日刊スポーツとスポーツニッポンの親会社は朝日新聞とTBS。もうこれ以上言わなくともわかるだろう。

 どちらにしても国母が日本の恥であり、味方をするのは反日メディアだけであることが判明した。したがって国母を擁護する人間は反日の売国奴といっても差し支えないであろう。

 
posted by 愛国 at 18:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼の服装を見たとき、国母自信日本国の選ばれた自分と言う日本人としての意識の希薄さが気になった。
はたしてメダルが取れるだろうかと危惧していたが、やはりという感じだった。
、韓国の選手からは、国家意識を敏感に感じた。ただ、国家意識が強ければいいというものではないが、残念である。「韓国は国家が選手を育成しているがそれにしても」
以前のオリンピックでは、日本の選手達の日本人としての意識がとても伝わってきた。今回、他の一部の選手にも感じたのだが、此の日本人としての意識の希薄さはどこから来たのであろか、此は、日本を非否定的に見る、戦後教育のせいではなかろうかと思うのである。
Posted by 悩む人 at 2010年02月19日 21:42
海外メデイアも コクボの服装を批判していたが、コレモネトウヨ?
ねとうよかぶり=在日、極左
Posted by at 2010年02月20日 11:42
國母パホーマンス援護して、彼、らくだ アワレダナー
Posted by at 2010年02月20日 11:47
国母のブログの内容 下の上 ここのコメントも程度を下げないようにしようね
Posted by at 2010年02月20日 23:24
>海外メデイアも コクボの服装を批判していたが、コレモネトウヨ?
なんかそれ英語が不得意な愛国者が2ちゃんでばら撒いた都市伝説みたいですよ。CNNも国母選手の服装騒動を報じましたが、彼のファッションについては特に問題ないと擁護していましたよ。最後は冷静に当日は彼のファッションよりテクニックが注目されるといいですねみたいに締めたそうです。
↓はソースね。

ttp://anandcharam.blog45.fc2.com/blog-entry-214.html
ttp://d.hatena.ne.jp/Amerikan/20100217/1266393106
Posted by 通りすがり at 2010年02月22日 20:08
>>NWA
この馬鹿おもしろいなw
他人を悪口をネットでほざいた後に
他人の悪口キモイっていってるんだからなw

国母信者はこの程度の馬鹿ってことかぁ^^;
Posted by   at 2011年08月09日 05:12
国母カッケー!!!
Posted by ozu at 2013年11月12日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。