検索
 

2010年03月02日

オリンピックでメダルを量産するには?

 バンクーバーオリンピックも終わった。選手たちは大体は良く頑張った。だが、正直物足り無い。それはメダルが少ないからだ。

 確かに、冬季に関しては種目も少ないし、地の利もあってなかなか難しいのは事実である。だが、中国や韓国のような反日劣等民族がメダルを取れるのだから、世界一優秀な民族である日本人にメダルを取れないわけがない。
 
 そこで私なりにメダルを量産する方法を考えた。1つめは金の問題である。民主党による事業仕分けによってスポーツの予算が減らされた。(「2位じゃだめなんですか?」などという暴言を吐いた元外国人議員もいたが、思えば日本のメダル獲得を阻止するために特定アジアから派遣されたスパイだったのかもしれない。) 
 
 だからスポーツに関する予算を大幅に増やすのだ。そして、ここが重要だが、日本ではマイナーなスポーツに特に重点を置くのである。人気のある種目だけに金をつぎ込んでも限界がある。もっとすそ野を広げてメダル有望な種目を増やさなければならない。
 
 しかし、予算だけでは駄目である。選手自身に国家を背負って戦うという気概がなければ意味がない。典型例がスノーボードの国母和宏である。国母は服装がだらしなかっただけではなく記者たちに悪態をつく醜態をさらした。その結果、メダル有望と言われながら天罰が下り8位。ただの恥さらしとなった。
 
 だからこそ選手には品格と礼儀が求められるのだ。勝つだけではだめで世界中から尊敬される礼儀も持たなければならない。したがって服装は当然、身だしなみにも気を使わなければならない。また、国家を背負う立場だから正しい歴史認識を持たなければいけない。
 
 なぜ、土壇場で負けるケースが多いのか?それは反日自虐教育のせいである。日本は間違っていたと日教組から叩き込まれたため、外国人に遠慮してしまうのである。 
 
 だからこそ日教組に毒された自虐教育を捨て、日本が世界一素晴らしい国だという教育が欠かせない。それで初めて世界に大手を振って戦えるのである。
 
 だが、民主党政権がある限り、日本はこれからもメダルを取ることはできなくなる。だからこそ、自民党政権に戻す必要がある。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人が自分自身に誇りを持って堂々と競技なりなんなりに臨めるようになるべきだと言いたいのだろう、自虐史観があっては最後の所で「まあいいや」となってしまう一因となるのではないかと。戦前はそれが無い分は選手達も戦いやすかったのではないか?
 その一因と結果とはここでは別の話だ、戦前に自虐史観があったのなら、競技参加に対してプラスに働く訳は無いから取ったメダルが取れなかったという事はありえないことではないだろうと思うが?
 日本人でよかったと明るく堂々と自分を感じれるというところと持つために日本が日本人が悪いと断言し補償・賠償を要求し続ける、ここでいう特定アジア、巨額のODAはすでに日本から取り上げ済みの中国などにこれ以上、私達の日本を食い物にされないために愛国という視点から考えるブログを作りたくなったのではないかと思われる。
 それなら確かに極めてまれにならこのような選民意識を持ったブログがあってもいいのではないかと私は思う。
 だが理想は、そんな戦前のナチスや大日本帝国の様な自意識を引っ張りださんでも韓国人・中国人に何の引け目も感じることなく彼らに当り前の礼儀と敬意を抱かせる(当り前でいい)関係を築くことであると私は思う。

 だが愛国君の悔しさというか憤りは私も十分にわかるつもりだ。


 まあこれは私が勝手に思った感想です、お邪魔しました。
Posted by 自戒党 at 2010年03月02日 03:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メダル5個「まだまだ底上げ必要」 橋本団長が総括
Excerpt: メダル5個「まだまだ底上げ必要」 橋本団長が総括(朝日)2010年3月1日8時59分
Weblog: 3番目の落書き帳
Tracked: 2010-03-01 21:17

日本の建国と日本人の感性
Excerpt: 去る建国記念の日(紀元節)、「日本の建国と日本人の感性」と題して、上智大学名誉教授、渡部昇一氏が講演を行った。長時間の講演だけれど、とても深イイ話だと思うので紹介しよう。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-03-01 22:30