検索
 

2010年03月09日

マスコミはもっと社会不安を煽るべき

 鳩山民主独裁反日政権はやりたい放題をしている。特定アジア人だけは徹底的に優遇し、日本のことを考える愛国者を痛めつけることに執心している。

 子供手当てに関してはデマであるが、それ以外にも普天間の問題など特定アジア人は大喜びしている。

 マスコミは鳩山政権に対して攻撃的になるべきである。だが、朝日新聞やTBSなどは毎日毎日民主党の礼賛記事ばかり。弱者を守るというマスコミの使命はどこに行ったのか?

 マスコミも国民生活がどうなってるかを知らないわけはないはずだ。今こそマスコミは社会生活の不安を大々的に報じるべきである。

 マスコミのすべきことは社会不安を大々的に煽り、国民に不安感を植えつけることだ。特に昨年9月以降でいかに日本が治安が悪くなり、経済危機が迫っていることをアピールすべきであろう。民主党政権ができたことで民主党に対して敵対心を持たせるのである。

 また、自民党政権時代にはいかに日本が素晴らしい社会で治安もよく、国民が仲良く平穏に暮らしていたことも伝えていかなくてはならない。民主党が極悪非道なのは疑いようのない常識だが、それだけでは国民がパニックに陥ってしまう。国民にやすらぎを与えるのも忘れてはいけないわけだ。

 国民は民主党に洗脳されている。したがって産経新聞をはじめとする愛国マスコミは民主党の洗脳をとくためにあらゆる手段を使わなくてはいけない。国民に正しい知識を伝えるのもマスコミの本来の役目であることを忘れてはならない。
ラベル:マスコミ
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝日新聞は、民主党や鳩山首相に対してかなり厳しいと思いますが、それでも叩き方が足りないというご意見でしょうか。
きっと、新聞はすべての紙面を使って政府や民主党を徹底的に叩くとともに、自民党を徹底的に讃えないとだめなのでしょう。
戦前の朝日は、そうやって大本営を讃えて、日本国民を戦争で死なせるお手伝いをしていましたよね。私も愛国者ですが、日本人が戦争で殺されるのは嫌です。そう思うのは、きっと愛国心が足りないんでしょうね。
Posted by right66footer at 2010年03月09日 06:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック