検索
 

2010年03月26日

京都地裁は在日の集まりなのか?

 これは法律による愛国者への暴力だ。

 京都地裁が在特会に対し街宣活動を禁止する仮処分を決定した。在特会のメンバーが昨年、朝鮮学校による近隣公園の使用方法を批判するため、差別的発言を繰り返したということらしい。

 これが反日売国集団の攻撃であることは明白だ。まず、朝鮮学校は近隣公園を不法占拠していた。したがってこの時点で朝鮮学校の言い分を棄却しなければならないはずだ。

 それ以上にありえないのが、在特会が差別的発言をしたと言うことだ。在特会は日本を代表する愛国組織。そのような立派な組織が犯罪的行為をするはずがない。

 以上の点から見てあきらかに仮処分はおかしいのにもかかわらず京都地裁は朝鮮学校の言い分を一方的に聞いて処分したのだ。

 京都地裁の裁判官は在日の集まりとしか考えられない偏向ぶり。日本の裁判所は日本人のものである。在日が日本の法律に口を挟むこと自体重大な不法行為だ。

 在特会には愛国者として勇気を持って京都地裁の命令を無視してもらいたいものだ。
ラベル:在特会 京都地裁
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
ただ、これは、授業中に大きな声で騒ぐなということであって、朝鮮学校による児童公園の不法占拠は許されないでしょう。
Posted by coffee at 2010年03月26日 08:10
>それ以上にありえないのが、在特会が差別的発言をしたと言うことだ。在特会は日本を代表する愛国組織。そのような立派な組織が犯罪的行為をするはずがない。

こんな理屈出来上がってんならもうだれにも負ける気しないだろうね。うらやましい。世界はキミのもんだ。
Posted by at 2010年10月05日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

TBSの涙が止まらない!・TBSドラマ櫻井翔主演「特上カバチ!!」の最終回視聴率は7.4%・亀梨和也主演作「ヤマトナデシコ七変化」の最終回視聴率は7.9%・太極旗を大きく映し韓国人俳優が出演した「ハンチョウ」の最終回視聴率は9.4%
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 堀北真希と櫻井翔が出演したTBS「特上カバチ!!」 <特上カバチ!!>櫻井翔主演作...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2010-03-26 08:10