検索
 

2010年04月04日

毒ギョーザ事件解決のために中国の捜査官を人質に

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国公安当局が日本に捜査員を派遣するという。これは日本にとってはチャンスである。

 そもそも毒ギョーザ事件において中国に求められることは日本への謝罪だけではない。責任者の更迭と、全世界に対し自らの非を認め日本が立派な国であると宣言することだ。にもかかわらず中国は多少の非は認めるもののそれだけでうやむやにしようとしている。

 したがって日本として何としても中国に全世界的な謝罪をさせなくてはならない。そこで中国公安当局の来日を利用するわけだ。

 方法は簡単。適当な罪をでっちあげて捕まえてしまえばいい。銃刀法でもいいし、傷害罪でもいい。些細な罪でいいから捕まえて人質にするのだ。「謝罪せねばずっと刑務所に入れさせるぞ」と。

 もし中国が何か言ってきたらこう返せばいい。「敬愛する中国警察と同じ手法を使ってみただけです」と。

 これは日中の警察の威信をかけた戦いだ。奇麗事では通用しない。
ラベル:毒ギョーザ
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

放課後デムパ倶楽部#43 moon prisonerpower break down!
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 今回は 放課後デムパ倶楽部#42  moon crimsonpower melt down! http://schoolforpatrit.iza.ne.jp/..
Weblog: 愛国学園 iza分校
Tracked: 2010-04-04 03:59

中国 嘘が嘘を呼ぶ毒ギョーザ事件
Excerpt: 毒餃子事件に関して、日本のマスコミは新華社通信の報道を鵜呑みにして報道しているに過ぎない。第一に、新華社通信は、中国国営の通信社であり、中国共産党の宣伝プロパガンダ機関なので、ニュースの内容は捏造なん..
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-04-04 22:18