検索
 

2010年04月15日

小沢さん、済州島でもやったらいかがですか?

 「民主党の小沢一郎幹事長が18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で両親の「しのぶ会」を開く」と朝日新聞に出ていた。

岩手でやるのは父親の佐重喜氏の出身で選挙区だったからだ。もちろん小沢氏も岩手が選挙区である。しかし、両親のしのぶ会なのだから岩手以外にもふさわしい場所がもう一つあるはずだ。そう、韓国の済州島である。

 知ってる方も多いと思うが、小沢一郎は済州島出身である。母親がそこの出身なのだ。これを明らかにしたのは千葉大学名誉教授の清水馨八郎氏である。
 a4f5bb1241011b094f4216b140120b0b.jpg

 私が思いつきで言うのとは違う。私が言ったところで信頼性は低いが、千葉大学の名誉教授が言ったのである。もし、これがウソなら千葉大学はウソつき大学となってしまう。したがって清水名誉教授の発言は正しいと言えるのである。

 小沢幹事長には韓国でも大々的にやることをお勧めする。そして、もう帰ってこなくてもよろしい。あなたがいなければ日本人は救われるからだ。
ラベル:小沢一郎 済州島
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。