検索
 

2010年04月23日

自虐史観の教科書は弾圧されて当然

 大変喜ばしいニュースである。自虐的な歴史観に基づいているの有名な日本書籍の歴史教科書が消えることが判明したのだ。

日本書籍の教科書は「従軍慰安婦」の用語を使うなどして、日本の戦争責任を強調。現行の教科書でも、「元従軍慰安婦」という見出しの朝日新聞記事の写真を掲載、沖縄戦について「日本軍にスパイ容疑で殺されたり、『集団自決』を強制されたりした人々もあった」と記述したりしている。つまり日本は悪い国家だと洗脳しているのだ。

 日本は世界一優秀な民族である。もちろん戦争で相手の兵士を殺すことは珍しくなかったが、集団自決を強制させることなどは絶対にありえないのだ。

 それにしても日本書籍の反日自虐行為はひどいと言うしかない。日本を悪者にすることで特定アジアからお金がもらえるのかもしれないが、国民に対する重大な背信行為である。いや、詐欺と言っていい。なぜなら日本人は世界一優秀な民族だから悪い所はないのだから。

 そのような詐欺行為をしていれば愛国者だけでなく。政治に無関心な人たちも批判の声を上げるのは当然だろう。教育委員会が日本書籍の教科書を採択しなくなったのも愛国的行動からすれば当然の行為なのだ。

 売国奴は言論の自由を盾に批判をするが、言論の自由とは何を言ってもいいというわけではない。反日的言動は決して認められないのである。したがって、反日的・自虐的言動は弾圧されて当然なのである。

 日本書籍は一度正義の鉄槌が下り破産している。にもかかわらず、自虐史観を広めるためにまた教科書を作ってきた。このような危険な組織には破防法を適用して二度と自虐史観を広められないようにしないといけない。
ラベル:教科書
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金時鐘、金石範、文京洙のグループの面々
済州島四・三事件事業実行委員会
http://www.an-nyong.com/cheju43_55th.html

●小田切督剛 親朝鮮地方公務員、朝鮮史研究会セビョクACTION、
朝鮮学校入学おめでとう応援隊 www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko/net0544.htm
●小野悌次郎 新日本文学会・在日文学会議創始者、9条の会、
「週刊金曜日」341号「辛淑玉さんの観察眼に感心」、
●関谷興仁 元新左翼支持者、9条世界会議賛同人
●高元芳 朝鮮総連系団体職員
●魏良福 定住外国人の地方参政権を実現させる日・韓・在日ネットワーク
●鄭暎惠 「東京保護者会ニュース」9号 「わが家の民族教育」
「先生たちは・・・単一民族国家の手先以外の何者にもなれない現実は変わらなかった。」www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/9571/yeonghe.htm - 、
植民地支配の責任を問う!―『9・17』を語り、在日の再生を目指して12・14集会開催賛同人
http://www.jca.apc.org/~lee/zainichi/
●藤本治 静岡日韓人民連帯会議代表−市民運動に長年献身、
日本軍による細菌戦の歴史事実を明らかにする会代表幹事


●清水澄子 北朝鮮の代弁者、従軍慰安婦問題の火付け役、
朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会代表、
日本労働党の機関紙「労働新聞」2000年1月「・・・謝罪と補償にもとづく、朝鮮民主主義人民共和国との国交正常化がもっとも緊急の政治課題・・・」
●姜徹 『在日朝鮮・韓国人史総合年表・在日同胞120年史』日本植民地下の在日朝鮮人独立への闘い、戦後の解放、そして悲願の南北統一への歩み
●呉充功  「隠された爪痕」関東大震災時の朝鮮人虐殺を映像化
●大下敦史 元ブント、共産同幹部、情況出版代表、
元日本赤軍最高幹部・重信房子裁判を支援し関連する諸弾圧を許さない連絡会
●村上尚子  4.3研究所研究員、『現代朝鮮の歴史−世界のなかの朝鮮』明石書店、
●針生一郎 統一教会の広告塔、財団法人原爆の図丸木美術館館長(主な収蔵作品:原爆、水俣、南京大虐殺、アウシュビッツ、沖縄戦の図)saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2009/07/post_8638.html
●駒込武 日本の植民地教育政策を研究『日本の植民地支配―肯定・賛美論を検証する』
『帝国と学校』『植民地帝国日本の文化統合』
●川見一仁 東アジアの冷戦と国家テロリズム日本事務局、花岡裁判支援連絡会議会員、
強制連行を考える会事務局、
植民地支配の責任を問う!―『9・17』を語り、在日の再生を目指して12・14集会開催賛同人
http://www.jca.apc.org/~lee/zainichi/
●小西明子 『韓国人から見た日本』「日本の文化は全面解放すべきだ」
●杉原達 中国人強制連行問題等を研究、『中国人強制連行』岩波新書、
西松建設訴訟−中国人強制連行について西松建設の責任を立証

Posted by 匿名希望 at 2010年05月01日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。