検索
 

2010年05月20日

赤松は中川昭一氏の爪の垢を煎じて飲め

 口蹄疫問題は日本を存亡の危機に向かわせている。その最大の要因となったのは言うまでもなく赤松農水相に問題がある。赤松は政治主導を妨害すると言う理由で官僚に行動をさせないなどの行動が被害を拡大させた。

 我々がデマを流してまで批判したのは日本を良くしたいと言う思いからだ。それは最終的にはめぐりめぐって赤松のためにもなるはずなのだ。だが、そこは赤松。日本を崩壊させようと言う強固な信念を持っているだけのことはある。

 赤松には今からでも遅くはないから中川昭一氏の爪の垢をせんじて飲むべきである。なぜ中川氏なのか?それは日本で一番優秀な農水大臣が中川氏だったからである。

 中川氏は日本を代表する保守政治家の大家として知られていた。中国がいかに危険な国であるかを事あるごとに警告していた。また、拉致問題を解決し、核武装論を唱え、日教組を批判し靖国神社にも参拝する立派な政治家であった。

 それがあのローマでも民主党の陰謀によって…。私は今でも民主党が中川氏を殺したものだと思っている。

 と、いうわけで赤松は中川氏の爪の垢を煎じて飲むべきなのだ。だが、中川氏はもう亡くなってしまわれた。だから赤松が爪の垢を煎じて飲むには死ぬしかないのだが、赤松には自殺をしてもらいたくはない。なぜなら自殺は愛国心の発露であり、自殺をされてしまうと赤松は愛国者になってしまうからだ。

 赤松には生き恥をさらしてもらい、バッシングを全身に浴びて突然死してもらうのが一番。そうすれば中川氏の爪の垢を煎じて飲める。もっともそのときは大臣にはなっていないわけだが。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中川昭一は偉大な政治家でした。
本当に残念です。
Posted by coffee at 2010年05月20日 07:44
頭悪すぎますね

北九州の政治家でなくてよかったね
Posted by とんちん菅道真 at 2010年05月20日 11:35
非国民や売国奴は「人」じゃないってことでしょ。
Posted by at 2010年05月20日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

みのもんた長男TBS社員の御法川隼斗(30)がTBSの番組で父子共演・みのもんた長男でTBSにコネ入社した御法川隼斗は最低の人間・テレビ局のコネ入社が酷すぎる・有名人や政治家などの子弟枠、創価学会枠、朝鮮人枠など
Excerpt: 文字色↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ みのもんた長男でTBSにコネ入社した御法川隼斗は最低の人間 TBSの番組...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2010-05-20 07:45