検索
 

2010年05月26日

竹原市長の支持率を上げる方法

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長がピンチに立たされている。阿久根市民が竹原市長に反旗を翻し、リコールを仕掛けているのだ。幸いなことに昨年5月に選挙が行われたため、当分はリコールできない。だが、このままではクビになってしまう。

 私は竹原市長の手腕を高く評価しているので何とかして市長に居続けて欲しい。そのためには阿久根市外から竹原支持の声を届かせる必要がある。

 そのためには我々だけではなく竹原市長にも行動を起こしてもらわなくてはならない。そこで私は竹原市長に民主党を徹底的に批判することを勧める。そうすれば民主党を憎む多くの愛国者の支援を集めることが出来るからだ。

 竹原市長にはその以外にも特定アジアや売国奴を批判し、産経新聞や在特会などの愛国者を賛美することもお勧めしたい。そうすれば確実に支持者は増える。阿久根市民以外にも竹原市長の支持者はいる。その方々の期待を裏切ってはいけない。
ラベル:竹原信一
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も竹原市長の理念は素晴らしいと思います。
特に障害者を「腐った枝」にたとえて、社会から積極的に排除しようとする姿勢は頼もしく思います。なぜなら障害者は世の中に対して何も役に立たないどころか、国から税金をむしり取る寄生虫のようなもの。つまり、在日朝鮮人と同じなのですから。
そして、障害者などの社会的弱者に対するこうした姿勢は、自民党をはじめとする愛国政党の理念と相通じるものがあります。社会に貢献できない障害者、老人、病人、ニートは、たとえ日本国籍を持っていたとしても在日と同じ。愛国者の手によって日本から消し去るべきです。
私たち愛国者は、竹原市長と自民党を全力で支え続けなければいけません。
Posted by right66footer at 2010年05月26日 03:45
良く分からなかったので、勉強します。
Posted by coffee at 2010年05月26日 08:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

大勝利の日 ver. 3.0
Excerpt: 初等科の皆さん、お元気ですか?。園長の真・愛国無罪です。 皆さん、今日は何の日か知っていますか? 今から105年前の今日、明治38年(1905年)5月27日、日本海海戦が行われました。 日露戦争、日本..
Weblog: 愛国学園 iza分校
Tracked: 2010-05-27 00:09