検索
 

2010年05月29日

普天間問題 最後に正義は勝つ

 米軍普天間飛行場移設問題をめぐって鳩山由紀夫首相は名護市辺野古周辺に移設することが正式決定した。

 この件でわかったのは最後に正義は勝つということ。そもそもルーピー鳩山が沖縄に特別に配慮した時点で沖縄も特定アジアの一部であり、何を起こすかわからないと見ざるを得なくなった。だから私は前に書いたとおり、沖縄の独立を牽制するために米軍基地を残すべきだと言ったのだ。

大体沖縄は金をたくさんもらっており、何が不満と言うのか?沖縄の人間が遊んでいられるのも基地があるからではないのだろうか?それをガタガタ言うのは道義に反しており、まさに特定アジア人の気質そのものである。

 このような沖縄の間違った考え方は正されるべきである。この時点で沖縄が悪であり、それを正す我々愛国者は正義となる。もともと愛国者は正義で売国奴は悪というのは常識だが、それが改めて証明された。

 ルーピーのせいで紆余曲折が大ありにありすぎたが、良い形になってよかったと思う。

 次に行うべきは特定アジアとのつながりが判明したルーピー鳩山を追い落とすことだ。4大新聞はみな鳩山非難を強めている。朝日も鳩山落としをしているのだ。これは素晴らしい傾向である。

 この後も手を緩めず、鳩山を追及することが必要である。真実かどうかは問わない。例え、捏造で鳩山を非難しても多くの国民はそれを信じるのだから。
posted by 愛国 at 13:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
↑エセ日本人は失せろ!!
ここは本物の日本人のみが書き込む場所だぞ!!
Posted by at 2010年05月29日 17:04
辺野古に戻した鳩山がダメなら、自民はもっとダメじゃないか。民主支持者は確かに落胆を覚えたが、同時に自公米勢力への怒りを新たにした(する)というところだな。民主の支持はかわらないよ。全然。でもがっかりしたね、確かに。
Posted by at 2010年05月29日 17:44
最初から、これしか選択肢はありませんでした。
半年間に、反日左翼勢力の勢いをつけ、日米関係は悪化しました。
Posted by coffee at 2010年05月31日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック