検索
 

2010年06月04日

次期総理に求められるのは国家観・歴史観

鳩山の仕事放棄により総理が変わることになった。それにしても民主党はこれだからダメだ。自民党には総理の職を投げ出したのはほとんどいない。安倍・福田元総理も形はそう見えるが、止むにやまれず辞めたのであり、決して投げ出したわけではない。

 それはそうと、予定では今日にも総理が決まる予定になる。誰がなろうとも民主党政権下ではたかが知れているが、ここはひとつ寛大な心をもって総理に教えてやろうではないか。

 そもそも総理大臣とは日本を動かす仕事。したがって総理大臣最大の仕事は日本の国威を高めることである。そのために求められるのは国家観・歴史観であり、決して国民の生活などではない。

 日本は世界一優秀な国であることを自覚し、それに見合った動きをしなくてはいけない。そのためにも正しい国家観や歴史観を持たねばならない。間違っても自虐史観や反日売国思想を持ってはいけないのだ。

 大体「国民の暮らしが〜」「国民の命を守りたい〜」などといってるようなやつは信頼できない。経済とは高い道徳性があれば自然に良くなるものである。にもかかわらず、経済にわざわざ言及するということは自らの道徳性はないと告白しているようなものだ。

 それに貧しい人間は普段から怠けているからこうなったのであり、自己責任である。何でそのようなものに対して金を出して援助しなくてはならないのか?高い道徳性を持つ日本人なら自分で何とかするのが筋であろう。

 話はそれてしまったが、とにかく政治家の仕事は国家の威信を高め日本をよりすばらしい国家にすることである。「国民のためにがんばる」などと虚言を言う民主党なんかにはとてもできない仕事なのだ。

 「政治は最大の道徳」と言う言葉がある。政治とは高い精神性を育まなくする要素を排除することでもある。民主党にはそれが期待できない。真に期待できるのは自民党のような愛国政党だけなのだ。

 次期総理よ、わかったかね?
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主党に国家観や歴史観のある政治家はほぼ皆無です。
Posted by coffee at 2010年06月04日 08:19
経済活動に国境が無きの如しの昨今において、国家主義はまさに害悪。島国根性に凝り固まった、協調性の無い権威主義者の頭の空っぽな付和雷同でこの先の国際経済戦争を乗りきれるとは到底思えない。

霞が関が絶好のサンプル。
高学歴の植民地奴隷愚民の動物園。
アジア辺境の土人。
Posted by at 2010年06月04日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。