検索
 

2010年06月07日

中山先生お誕生日おめでとうございます

 本日6月7日は、田母神俊雄先生と並ぶ日本2大国士である中山成彬先生の誕生日です。

 中山先生は国士として日本を愛し、日本のために活躍しておられました。ですが、そのことを忌々しく思う日教組が中山先生にひどい目にあわせてしまいました。

 中山先生は「教育のガン」「日教組の活動が強いところは学力が低い」と幼稚園児でもわかる真理を言っただけなのです。にもかかわらず日教組は逆ギレ。中山先生を追い落としたのです。

 その結果どうなったでしょう?日教組が支援する民主党が総選挙で勝ってしまい政権をのっとってしまいました。その後は言うまでもないでしょう。

 口蹄疫も中山先生を追い落とした宮崎県の民度の低さが引き起こしたものです。

 このままでは日本は2600年以上続いた歴史が終焉し特定アジアの植民地になってしまいます。今こそ、中山先生の教えに基づき日教組をテロ組織として破壊することが必要になります。

 また、中山先生は多くの愛国者に勇気付けました。イルカ漁批判の映画「ザ・コーヴ」が次々に上映中止になっていますが、これも愛国者が正義の行動をしたからなのです。

 「ザ・コーヴ」は欧米による日本人への精神的テロである。つまり日教組と同じ穴の狢なのである。この欧米日教組とも言うべき組織に対して日本人の精神的な高さを見せ付けているわけだ。これも中山先生に勇気付けられたものと見ることができます。

 中山先生にはまだまだ日本の将来を担うものとしてがんばってもらわなければなりません。そして、中山先生の理想とする愛国国家日本を作るのがわれわれの義務なのです。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お隣の韓国は金大中、ノムヒョン政権の10年で恐ろしく人民が左翼化し、北朝鮮対策に弊害が出ていますね、

日本では、成田闘争時代、極左勢力は絶えず内ゲバを繰り返し、その死者は100人を超える。
現在でも、10年前明治大学系革労協の内ゲハで2名ほど殺されている。

そんな当時の世代が、日本の各職場、団体、教育関係、政治団体、国会議員のなかにしのんでいたり、教育係をしたりしていたので

今から、民主党政権がいつまで続くかもしれないが、韓国のような方向に向くかも示唆しているようです左派勢力とは、浸潤性のがんの様に、真に性質の悪い病気です。


また、自民党の再生は時間か懸かりそうです
Posted by marusan at 2010年06月07日 06:36
若者:極右
団塊:極左
として世代間格差を動機とする階級闘争は結局起こらなかった。「極右」は結局「ネトウヨ」どまりでいまや魯鈍・白痴ニートカルトの代名詞。不可触賤民に近い。
実際麻生教はまったくのカルトwこれは一本とられたw電通の仕掛けか?リーダー格の「支持者」はおそらく創価様でしょう。でなければあのレベルの人間が麻生のような軽薄な男をを本気で支持するとはちょっと考えられない。
「極左」は社畜となり、すっかり牙を抜かれている。
そもそも日本人はもともと争いを好まないし、仮にこれらが取っ組み合いをやらかしても滑稽の極みというものw

まあブッシュがトチらなければもう少しうまくいったかもしれないが、多少賢い人はそのいかがわしい「背景」に気付いてしまったからねえ…
Posted by at 2010年06月07日 15:38
まあ それも 民主党の実態がわからなかった頃の話でしょうね。

文部科学省 教育委員会

そして民主党とその支持母体、関係団体

自治労 革労協、社学同 赤軍派 北朝鮮 街宣右翼
日教組 朝鮮総連 民潭 解放同盟 暴力団
マスコミ パチンコ サラ金

が進めてきた ゆとり教育の成果

最近数字で見る機会がありました

すごく大雑把な数字ですが
説得力がありますね
もちろん いろいろな進路があり
それぞれを選んで進むのですが
一つの例として書いてみました

本年度 ハーバード大学 入学者数

中国 500人

韓国 200人

日本人 1人

教師の権利が第一ですから
生徒の自己責任で

ほう 生徒が自分でゆとり教育を選択したとでも?
Posted by at 2010年06月08日 02:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

いま日本の維新に必要なこと
Excerpt: 宇宙人といわれた鳩山首相と政治とカネの昭和型政治のイメージである小沢幹事長、この二人の正反対の人物が代表を務める自由党と民主党が合同して新民主党を形成して7年。鳩山民主党連立政権が誕生し、支持率を落と..
Weblog: 不易流行通信(主要版)
Tracked: 2010-06-07 15:28