検索
 

2010年06月09日

菅新内閣誕生 マスコミは全力で追い込むべき

 菅直人新内閣が8日誕生した。だが、民主党政権であるから早速本性が現れている。それが認証式だ。認証式は知ってのとおり天皇陛下が新総理を任命する儀式のことである。これがなくては総理として認められない。だが陛下は相当つらかったはずである。反日売国民主党政権を国家の代表として認めるのだから。そのせいで体調不良にもなってしまった。愛国者としてこのような所業を許すわけにはいかない。一致団結して菅内閣を倒す必要がある。

 もちろん、ネットで菅内閣の打倒運動を起こすのは当たり前だ。だが、それだけでは不十分。やはりマスコミの力が必要になる。マスコミには菅内閣の大臣のスキャンダルを徹底的に暴きだし、センセーショナルに報道すべきだ。特に菅直人首相には容赦をしてはならない。必要とあらば捏造報道をしてもかまわないと思う。TBSが赤松前農相に対して仕掛けていたが、ほかのマスコミもすべきである。もっともTBSは反日メディアで民主党の味方であるため、裏でつるんでいたことはすぐに露呈してしまった。そこで愛国的と認められているメディアにやってもらうのが良いだろう。

 愛国的メディアならばたとえ捏造したとしても愛国者は擁護する。全て民主党に非があると認めてくれるから心置きなくやってもらいたい。民主党がある限り日本の将来は暗黒である。なんとしてでも日本を正常化させないといけない。そのためには手段を選んではならないのだ。
ラベル:マスコミ 菅直人
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
陛下はさぞつらかったでしょうね。沖縄を見殺しにした売国党を首相に任命するのは。
愛国者の使命は菅内閣の打倒と日本の主権回復、つまり日米地位協定の破棄と在日米軍の一掃です。
Posted by right66footer at 2010年06月09日 21:42
Posted by at 2010年06月09日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

21世紀の脅威は中国 櫻井よしこ
Excerpt: 既に、いくつかの政治ブログでもアップされている産経新聞の記事を紹介しよう。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-06-09 22:02

菅内閣発足〜脱小沢?〜
Excerpt: 鳩山・小沢体制が崩壊すると、たちまち支持率が回復した。 菅内閣が発足した。 閣僚のうち11人は留任。 官房長官には仙谷由人氏。「うるさ型」ということで、首相に物申せる人物を配置した。 ..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2010-06-09 22:55