検索
 

2010年08月02日

味方に罪をなすりつけるようでは選挙に勝てない

 参議院選挙山梨選挙区。残念なことに売国奴・日教組輿石が当選してしまい、民度の低さを露呈してしまった。だがもっと残念なことは健全な保守思想を持ちながら味方に罪をなすりつける輩が出たことだ。

 こちらを見てほしい、このブログ主は味方であるはずの方々に難癖をつけて罵倒している。この文を見れば、いかに品格のない人間が書いているかが良く分かる。

 罵倒された花うさぎさんは愛国リンク集にも載っている愛国者として知られている。花うさぎさんのやった行為をイメージダウンとこきおろすわけですが、日教組がいかに危険な組織かを知らせるのは愛国者としての当然の義務であり、むしろ正しいことを毅然と言うイメージアップである。

 名誉棄損が裁判で争われる場合、相手が公務員なら事実を言う分には名誉棄損に当たらないのだ。輿石は国会議員なので全く問題ない。むしろ中学生の社会で習う程度のことを分からずに味方に罪をなすりつける頭の弱さを心配すべきであろう。
ラベル:輿石東
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
コメンテーターがユニークですね。

それは置いておいて、山梨での参院選挙についてです。

「推参者」と言う言葉をご存じでしょう。当にそれに当たる活動をしていた人たちがいた訳です。

一般の有権者から「誹謗・中傷」と受け取られる行動は慎むように候補者から言われていましたね?慎重にイメージ戦略を立てていた宮川陣営が描く選挙戦略を台無しにし、地元紙から投票日直前に懸念通りの批判を浴びて、敵に大量の塩を送ってくれました。

「推参者」を誰も味方とは申しません。

挙げ句の果てに宮川女史を批判するなぞ正気の沙汰ではありません。宮川女史の手法が間違っていると思ったのなら手を出さなければ良いのです。

本当に余計な事をしでかしてくれたものです。「正義」に酔っぱらった傲岸な押しかけ支援者ほど始末に負えぬ存在はないでしょう。

自分たちの行動が一般有権者の行動にどのような影響を与えているのか?自らの姿を良く見つめ直して下さい。
Posted by leny at 2010年08月02日 15:40
本当に勉強になるサイトだ。
Posted by at 2010年08月02日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック