検索
 

2010年08月10日

森元総理は国益のために議員辞職を

 森喜朗元首相の息子である森祐喜石川県議が飲酒運転をして逮捕された事件だが森議員は嫌疑を辞職した。私は森元首相もそれに倣い国会議員を辞職すべきと思う。

 これは息子の問題であり、森元首相本人が悪いわけではない。また森元首相は産経新聞社出身であることからもわかる通り愛国者として知られており、日教組を壊滅させるために日々戦っている。にもかかわらず、なぜ私は日教組に利する発言をするのか?それは民主党に打撃を与えるためである。
 
 ここで森元首相が議員辞職をすれば、菅や小沢の息子が同様のことをしでかした場合、議員辞職→内閣崩壊につながる。そうすれば愛国者たちは内閣を崩壊させるために無理やり酒を飲ませたり、知らないうちにアルコールを摂取させて飲酒運転を無理やり起こすこともできる。

 おそらくこの事故は民主党によって仕組まれたものであろう。森元首相にとってはつらい決断かもしれない。だが、ここで身を決めてくれれば逆に民主党に打撃を与えることができるはずだ。
ラベル:森喜朗
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック