検索
 

2010年08月11日

日本崩壊の危機、在日の卑劣な罠が在特会を襲う

 日本が在日に支配される歴史上の危機だ。日本を代表する愛国組織・在特会が威力業務妨害容疑などでメンバー4人が逮捕されたのだ。京都朝鮮第一初級学校の校門前で「密入国者の子孫」「スパイの子供やないか」「日本からたたき出せ」と言っただけなのに。

 この不当な逮捕劇は、偉大な国日本がここまで在日に蹂躙されるようになってしまったことを示している。これも民主党に投票した民度の低い有権者のせいだ。自民党政権下ならば逮捕されることもなかっただろう。事実をありのままに述べているだけだからだ。

 だが、民主党は千葉景子を法相に据えていることからもわかるように、在日に優しく、日本人に厳しい。ここ最近の朝鮮学校無償化や菅談話の流れを見ていると、日本人総奴隷化計画を企んでいるのは間違いない。そのために日本人の良心と言われた愛国組織の在特会を適当な罪ででっち上げて陥れようとしたのだろう。

 逮捕した京都府警もひどい。お前たちはどこの国の警察なのか?日本人としての良心はどこに行ったのか?国家のためなら銃を持って立ち向かえと言った土屋敬之東京都議も泣いているぞ。間違いなく京都府警は在日の集まりである。だからこのような恥知らずなこともできるのだ。国を思う心があるのならば在特会と共に朝鮮学校に攻め入ることが警官としての務めだろう。京都地裁といい、京都は在日化が着々と進んでいるようだ。

 それにしても在日による数多くの策謀を張り巡らせるところが本当に恐ろしい。在特会をテロ組織と見なすことで日本のために尽くす愛国者をテロリスト扱いにしようというのだから。このままでは弾圧されるべき在日が日本を支配する神武天皇以来続いてきた日本の伝統が崩れ去ってしまう。

 在特会がこのまま解散ということになれば、外国人参政権や夫婦別姓など日本人を在日の支配下に置く悪法が次々と採決されてしまう。そんなことになれば日本は比喩ではなく破壊されてしまう。これらの法案が通れば日本の女性はレイプされまくるのが確実だからだ。そして、産経新聞や日本会議などの在特会と並ぶ愛国組織には破防法が適用されて収容所に送られてしまうかもしれない。

 在特会の逮捕事件は1団体の問題ではない。日本が崩壊するかどうかの重大な岐路であることを忘れてはならない。
ラベル:在特会
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったくその通り、今が日本の危機です

下記は在特会会員のブログですが、我々も応援してあげましょう


新・創価学会の集団ストーカー日記
http://ameblo.jp/jmuzu10812/

創価学会と反日朝鮮左翼の集団ストーカーと電磁波攻撃!
http://ameblo.jp/jmuzujmuzu/
Posted by 市民 at 2010年08月11日 06:18
誰かがやらなきゃ、いつまで経っても問題は解決しませんからね。
今回の逮捕で全国的話題になった訳ですから、
テロ国家の朝鮮学校、朝鮮総連の問題点が、
広く世の中に知られるようになったのは良いことだと思います。
逮捕された4人は今後、日本の子供たちの為に、
正義の義挙を行った義士として、人々の尊敬を集めることでしょう。
Posted by 鬼畜民族国外追放 at 2010年08月11日 12:18
人間として尊敬しています。
今まで京都府警も出来なかった事を成し遂げたのですから。
Posted by 環 at 2010年08月11日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

在特会幹部4人逮捕。 ‎「在特会京都事件」。
Excerpt: 在特会幹部ら、京都府警が逮捕へ ‎ のつづき 日の丸妄想暴走集団 >  在 特会 「在特会京都事件」 記事は同じことの繰り返しだが、少しずつ新たに分かった情報が書き加えられている。 【時事通信】 ht..
Weblog: 安禅不必須山水
Tracked: 2010-08-13 02:52