検索
 

2010年08月14日

特攻隊員に感謝しないでどうする

 明日は終戦の日だ。終戦の日を前にして改めて大東亜戦争を戦った兵士たちに感謝することが我々の務めではないだろうか?特に特攻隊に対して敬意を表す必要があると思う。彼らは自分の命を犠牲にしてまで国のために戦った中川八洋氏がおっしゃるように日本が誇る輝ける世界遺産といってもいい。

 だが、忘れてはいけないことがある。それは特攻隊員だけではなく、特攻隊を作った方たちに対する感謝を忘れてはならないと言うことだ。特攻隊を組織したのは大西瀧治朗氏。氏の業績を日本政策研究センター主任研究員 岡田幹彦氏はこう語る。

 ”日本はわれわれが思っている以上に世界の国々、人々から深く親愛され尊敬されている。世界が日本を尊敬する理由の一つに神風特攻隊がある。

 敗れはしたものの世界の覇権を握る米英に対して敢然と立ち上がり、神風特攻まで行い、死戦死闘した日本民族の勇気と気概に、世界の人々は今も心の奥底で畏怖と尊敬の念を抱き続けているのである。

 この神風特攻隊を組織し指揮したのが大西瀧治郎海軍中将である。大西は特攻を敢行した理由をこう述べている。

「この神風特別攻撃隊が出て、しかも万一負けたとしても日本は亡国にならない。これが出ないで負ければ真の亡国になる」
「ここで青年が起たなければ日本は滅びますよ。しかし青年たちが国難に殉じていかに戦ったかという歴史を記憶する限り、日本と日本人は滅びないのですよ」

 比類なく尊く立派な歴史と伝統を有する日本を滅亡させないために、大西は心を鬼にし涙をふるって神風特攻作戦を推進し、最後に責任を取り割腹自殺した。特攻は玉砕戦とともに米軍を震撼させた。その結果、アメリカは講和条件を緩和、日本は辛うじて亡国から免れた。

 大西の言葉を銘記したい。日本はいざとなれば神風となって祖国を守り戦い抜く民族−世界の人々をかく思わせてきたことが、日本の存立にとり計り知れぬ力となっているのである。”

 日本を救った大西瀧治朗氏はまさに日本が世界に誇る偉人といえるだろう。この時期のマスコミは徹底的に日本人を悪者扱いにする。まったくもってひどいものだ。

 今こそ日本人は大西氏の業績に敬意を表し、特攻隊の素晴らしさを広めていこう。そして特定アジアに対して反撃をしていこうではないか。そのためにはまず在特会に対して応援をお願いしたい。

 がんばれ在特会!!
ラベル:特攻隊
posted by 愛国 at 01:28| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど
在特会は特攻隊だったわけですね
Posted by 半日左翼 at 2010年08月14日 23:20
アメリカの講和条件は結果的に古今東西最も過酷なものであり、特攻によって講和条件が緩和されたかどうかは難しい問題だと思います。
Posted by coffee at 2010年08月16日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【ジャスコ岡田】不法占拠されても改竄されてもカエルの面にションベン(嘲)
Excerpt: MSN産経ニュースより http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100813/plc1008132240009-n1.htm 韓国の首相談話「修正」に外相抗議..
Weblog: サラリーマンやってる猫の一匹集会所
Tracked: 2010-08-14 01:35

民族としての誇りは・・・
Excerpt: 終戦記念日に、欧州のいくつかの国の右翼政党といわれる政治団体が来日し、『靖国神社』に参拝するという・・・ 彼らは『戦犯』が祀られていることを指摘したところ、『彼らの側が戦争に負けただけのことだ』と言..
Weblog: 手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ
Tracked: 2010-08-14 12:55

8月15日に寄せて
Excerpt: 米Discovery Channelの"KAMIKAZE IN COLOR"(カラーで観るカミカゼ)より ◆(特攻隊員の手紙の引用)「われわれの家庭の安全、存在そのものが脅かされている。女性、子供、そ..
Weblog: ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」(イザ!版)
Tracked: 2010-08-14 23:44

在特会vs98人の弁護団・弁護団の一人「市民が『ネットを見て気軽に参加しました』では済まされない犯罪行為。」・50年間にわたる京都市の「勧進橋児童公園」不法占拠こそ済まされない犯罪行為(都市公園法違反)
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 在特会メンバーの逮捕を受け、記者会見する「京都第一初級学校嫌がらせ事件弁護団」
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2010-08-16 14:03