検索
 

2010年09月09日

中山先生、在特会をお救いください

 在特会こと在日特権を許さない市民の会にまた敵からの卑劣な攻撃が来た。4月に徳島県教職員組合の事務所に抗議をしただけなのに威力業務妨害などの疑いでメンバー5人を逮捕したのだ。

 だがその実態は大違いである。桜井会長のブログを見ればわかるが、「あしなが育英会を通じて遺児の救済を行うとして集められた寄付金を日教組は上部団体である連合へ上納し、さらにそこからキックバックを受けていました。徳島県教組はキックバックされたお金を朝鮮学校に垂れ流して」おり非は徳島県教組にある。

立て続けに起こる在特会メンバーの逮捕は政権政党の民主党が朝鮮総連・日教組とつながりがあることを物語っている。このままでは日本は外国人に支配されてしまう。

 そこで私は日本2大国士の中山成彬先生に期待する。中山先生は言うまでもなく日教組を倒すために日々頑張っている愛国者。在特会が日教組の被害に遭っている今、中山先生ならば正義の行動をとってくれるはずだ。

 私は早速中山先生に在特会の件をメールした。中山先生がいつ立ち上がるかを期待している。
ラベル:中山成彬 在特会
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おそらく本人と思われるコメントに感動しました
ここのブログはやはり本物の愛国保守の最後の砦なんですね
Posted by 半日左翼 at 2010年09月09日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック