検索
 

2010年11月10日

いじめをなくすためにも学校における名簿の復活を

群馬県で起きたいじめ自殺事件は本当に痛ましい事件だ。学校の対応も非常に悪い。これも日教組が学校を支配しているからだ。日教組がいなければいじめは起きることはない。とはいえいじめた張本人が悪いのは言うまでもない。

 そこで私はいじめをなくすためにも学校名簿を復活させるべきと考える。かつて学校では、クラスごとに児童・生徒の名前、住所、電話番号、保護者名等が記載された名簿が配られていた。だが、個人情報保護法により次々と廃止されていったのだ。だがいじめを無くしていくためにも名簿を改めて復活させるべきだ。

 なぜそう考えるかといえばいじめが起きれば、いじめをしたバカガキの個人情報を晒すことができるからだ。名簿があることで正義の力が働きいじめたバカガキを苦しめることができるからだ。尖閣諸島のビデオ流出を見ればわかるとおり、日本のための情報漏えいは愛国的行為であり、犯罪でもなんでもないのだ。つまりいじめたクソガキに地獄を味あわせるための情報漏えいも愛国的行為で許されるのだ。

 いじめは決して許されることではない。いじめを無くすにはいじめた人間を痛めつけるのが一番いい。愛国的方法をもってすればいじめを無くすことができるはずだ。名簿の復活は愛国的方法を導くための手段なのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尊敬する我等が指導者、愛国センセのご意見はもっともな事ばっかしだな
しっかし、意見具申させて貰うけんどガッコの名簿だけじゃ中途半端でないけ?
町内会の名簿も整備する必要あっぺ?
住所、姓名、性別、本籍、宗教、勤務先役職明記の職業、江戸時代まで遡る系図、従兄弟の嫁に至るまでの氏名、
最低でもこれ位は書かねばナリスマシは防げないのではないんじゃないかい?
これを整備し、怪しきヤツラはあぶり出し、町会一同による糾弾、場合によっては処刑までできてこそ国体護持できるのです
ぜひとも我等が偉大な指導者、アベセンセにソーリになって頂き、法整備に取り組んでいただきたいと思う今日この頃です
Posted by 山本すごろく at 2010年11月10日 16:33
私もいじめの撲滅、名簿の復活を望みます。
しかし政治とは発言する事ではありません。
自分の行動の結果に責任を持つ事です。
私には名簿の復活がいじめの撲滅に繋がるという理由はわかりません。
今名簿が復活すれば、名簿をつかった陰湿で取り返しのつかないいじめ(罪のない人をネットで過剰に晒す等)も生まれるでしょう。
そうなった時、愛国さんはそれも日教組のせいにするかもしれません。
しかしそれは「名簿復活という政治」から生まれた
結果、に対して責任を持つ人間のする事ではありません。日教組を身代わりにして避けたい結果から身を守っている事になってしまいます。
それがいじめを無くす事に繋がるでしょうか。
いじめられている子どもを救う事に繋がるでしょうか。
名簿が悪用された時、それを日教組のせいにする事は、本当に国と政治に対する責任を果たす事といえるでしょうか。
愛が大きい故に人を傷つけることがあります。愛があれば全て許され、うまくいくというわけではありません。

私が子どもの頃はまだ名簿はありましたけど、いじめもありました。日教組のない外国(アフリカ、イスラム圏、南米まで)でもいじめはあります。
私も日教組を肯定する気はありませんが、以上の理由からいじめの根源が日教組にあるとは思いません。むしろもっと根深い、日教組にも手の負えないものだと思っています。

名簿の復活がいじめの撲滅に直結しないという私の考えをわかって頂けたでしょうか。
最後になりましたが愛国さんの強い愛国心が大きな実を結ぶよう願っています。

Posted by かかし at 2010年11月10日 19:10
世の中が地獄に見えるか、天国に見えるか。それはその人の心の状態そのものであり、自由に変更可能です。あなたが阿修羅の世界にさまよっているような気がしてついつい。あの太平洋戦争に自覚なく参加したコドモたちとはちがうのであればいいのですが・・おじゃまいたしました。
Posted by at 2010年11月11日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。