検索
 

2010年11月14日

海上保安庁はどうして国民の神経を逆なですることばかりやってしまうのか?

 尖閣ビデオ流出の件だが、あれは愛国的行為であり無罪であるというのが常識である。考えてみてほしい、安倍元総理石原慎太郎都知事、森田健作千葉県知事が称賛しているのである。逆に橋下徹大阪府知事が海上保安官を批判したことからもわかるとおり、物事の道理が見えているかどうかで評価する傾向が見て取れる。

 それにしても許せないのが海上保安庁の他人事な態度だ。普通は組織の一員として保安官を守るものだろう。それをどうして突き放す?そんなに民主党が怖いというのか?それならば心配はない。国民は民主党を嫌っているから海上保安庁が武器をもって民主党に宣戦布告すれば国民はみんなついてくるはずだ。

 そしてそれ以上に国民の神経を逆なでした事件があった。第11管区海上保安本部が、中国人乗組員を救助したからだ。お前らはつい先日、中国の漁船によって仲間を殺されたことを忘れたのか?普通に考えれば復讐にモリで突いて殺すはず。こんなことをやってるから民主党につけいれられるのだ。

 海保はせっかくのチャンスをみすみす逃す真似をしている。国民は大多数が支持しているのだから国民が納得する行動をとるべきだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック