検索
 

2010年11月16日

谷垣総裁がいる限り自民党は勝てない

 尖閣ビデオ流出の件において海上保安官は逮捕されないことになった。当然のことである。なぜならばこれは愛国的行為であり犯罪でもなんでもないからだ。これを犯罪だということはその犯罪を規定している法律が憲法違反であり消さなくてはならない法律である。そして無罪と言わない人間は幼稚園児以下の知能しか持たない大バカである。

 だが、こともあろうに自民党の谷垣総裁が幼稚園児以下のバカであることが判明してしまった。講演で海上保安官を二・二六事件を引き合いに出して「映像流出を擁護する人もいるが、国家の規律を守れないのは間違っている」と批判したのだ。

 そもそも谷垣総裁は弁護士の経験もある法律家。その法律家が愛国的行為に断罪を加えるとはどういうことなのだろうか?本当に司法試験を通ったのか疑われるぐらいの暴言だ。この発言はうっかりでは済まされない常軌を逸したレベルである。

 そもそもわれわれ愛国者の懸命の努力によって民主党の欺瞞を明らかにし支持率を落とすことに貢献したのに、その最大の受益者が否定をするのは本末転倒としか言えず、愛国者そしてJ−NSCに対する裏切り行為である。愛国者として失格である。いや自民党員として失格であることを反省するべきだ。

 私は次の総選挙で自民党を勝たせるには谷垣総裁では不可能になったと確信した。やはり自民党を率いるのは愛国者でなくてはならない。私は安倍元総理に再び首相になってもらいたい。安倍元総理はビデオ流出愛国職員を称賛し、愛国心の高さを見せつけた。自民党にはこういう偉大な方がよく似合う。

 次の選挙に民主党が議席を残せば、日本は消えてしまう。そうなる前に国民を裏切る谷垣は自民党総裁を辞任し、安倍元総理のような有能な方に禅譲すべきである。そして安倍元総理には一刻も早く自民党の総裁に帰り咲き、売国奴を追放し日本を正常化させてほしい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍総理そして麻生官房長官、民間から西村真悟外相の最強トリオで国家運営をお願いしたいですね。
そして、対シナ断交、対韓断交を実施して野蛮人の流入と技術流失を断ち切ってもらいたい。
Posted by 極右革命 at 2010年11月16日 08:19
谷垣はシナハニー、ニダハニー大好きの売国奴だ。
再び安倍総理で民主党政権で崩れた日本を立て直して貰いたいです。
Posted by 愛国読者 at 2010年11月16日 16:31
せっかく民主党がボロボロなのに、ハニ垣では勝てません。
Posted by coffee at 2010年11月20日 00:26
確かに…谷垣さんでは難しいでしょうね(>_<)

告白秘書の金沢敬ブログ見つけちゃいました!
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=shinto-hokkaido&articleId=10729607455&frm_src=article_articleList
Posted by 流れ星 at 2010年12月07日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

谷垣さんは自民党支持率をあげたくないのか!
Excerpt: 自民党谷垣総裁の11月14日の埼玉での講演などに関して、5点ほど提案させていただく。
Weblog: 美しい国への旅立ち
Tracked: 2010-11-16 12:01

YUUAI、YUUAIせよ! YUUAI、YUUAIせよ!♪ 第五.五楽章 ”海上保安庁職員”
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 尖閣諸島衝突事件の映像をYou Tubeに流したSengoku38氏が逮捕されず、今日、16日未明に第五海上保安本部から「釈放?」されたことは諸君らも知っている..
Weblog: 愛国学園 iza分校
Tracked: 2010-11-16 20:05

NHKに電凸!神戸の緊急デモも無視か?・NHKは英雄保安官『一色正春』のコメント文や尖閣ビデオ公開を歪曲報道し、横浜3500人デモ行進を無視・時事通信の横浜デモ虚偽報道・民放も横浜デモ無視だが、テロ朝が「緊急デモ in 神戸」を生中継?
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 神戸海上保安部の主任航海士の身柄がある第5管区海上保安本部の前を行進する、主任航海士を支持し尖閣ビデオの公開を求めるデモ隊=1..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2010-11-20 00:27