検索
 

2010年12月03日

教員には思想教育こそ必要だ

 文部科学省は教員免許を基本的に修士レベルを必要とする制度を検討している。昨今、教員による数多くの不祥事が発生していることをかんがみてのことだろうが、根本的に間違っていると言えるだろう。

 なぜならば、不祥事が多いのは日教組があるからだ。日教組は日本一の反日組織として名高い。したがって日本を破壊するためなら犯罪行為でも平然とできるのである。学力低下も日教組が原因であり、日教組に破防法を適用して解散させれば学力が格段に向上することも証明されている。

 したがって重要なのは、教員になろうとするものに対して大学院の教育を行うことではない。日教組の洗脳にかかり反日教育を行うようにさせないことである。だからこそ反日にならないように思想教育が必要なのである。

 教員が思想教育を受けて愛国的教員になれば必ず学力は向上する。そして、学校の不祥事もなくなる。逆に言えば不祥事が起きたということは日教組の力がまだ消えていないということだ。つまり日教組の強い地域がわかり集中的に攻撃ができるのである。

 教員は個人のためにあるのではない。地域のため、そして国家のためにあるのだ。教員を目指す若人も基本を忘れてはいけない。
ラベル:日教組
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛国教員を養成し、アニメ撲滅を学校で推進するのです。
アニメを観るのは親韓行為です。
止めて下さい。
Posted by アニメの匂いはキムチの匂い at 2010年12月03日 06:17
公立の学校で、たった一人でキツイ日教組の人達全員と戦い、勝利した先生がいます。
その人は「たった一人で日教組と戦う方法」をまとめられて配っています。これ、教科書に載ったらいいのに。せめて、出版されたりすればいいのに。未来の日本は学生が頑張ればいいけど、今の日本は大人達に責任があります。天皇陛下は高齢でいらっしゃいますが、日本一の激務を、休みは年間たったの3日という形で毎年こなしています。
陛下と同じような年齢の人迄が、今の日本をなんとかする責任をもつ大人であると思います。
Posted by 野島 at 2010年12月19日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

在特会からのお知らせ その40
Excerpt: ◆これからの予定(詳細は公式サイトをご覧ください)━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─2010年12月4日(土)http://www.zaitokukai.info/modules..
Weblog: 反日ハンター
Tracked: 2010-12-03 14:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。