検索
 

2010年12月18日

菅内閣の税制改正は亡国への道

 民主党政府は平成23年度税制改正大綱を決定した。法人税の減税とその代わりにしての増税を行うことを決めた。だが、言うまでもなくこの決定は暴挙である。

 そもそも増税の内容がおかしい。なぜ高所得者のみを狙い撃ちにするのか?私も大幅な増税の対象となってしまうではないか。そもそも日本が経済的に繁栄できたのは高所得者に対し、税を軽くしたことにある。税金というのは全員から平等に徴収することが原理原則なのである。

 こんなことが許されるはずはない。そもそも今の日本がおかしくなったのは日教組や特定アジアが貧乏人をけしかけたことに始まる。したがってそのような連中を押さえつけるためにも所得税を減らし、消費税を上げることが正しい道なのだ。

 貧乏人を甘やかすから日本はおかしくなるのである。貧乏人は生きてる価値はないからさっさと死んでくれるのが国家のためであろう。貧乏人が死ねばその分1人当たりの所得は増えることになる。

 菅内閣は日本をさらに特定アジアの植民地とするためにこのような税制を決定したのだ。我等愛国者はこのような亡国の道を歩ませることを許してはならない。
ラベル:菅直人
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
諸外国に比べて高すぎる法人税率を引き下げて、企業の海外流出による税収減および雇用の減少に歯止めをかけなければならない。
法人税率を毎年5%引き下げて、3年かけて15%引き下げることが望まれる。
ルーピー鳩山政権に比べて菅政権は、少しはよき方向に舵を切っているのは評価したい。
しかし、税制改正全体は、民主党らしく社会主義ないし共産主義に向かっており評価できない。
Posted by 盗っ人・メドベージェフ at 2010年12月18日 18:39
愛国心とか自己犠牲って
大企業や富裕層にこそ
発揮して欲しいですよね
外国に逃げるやつは“非国民”と
糾弾するべきでしょう
Posted by 半日左翼 at 2010年12月19日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「新成人よ、日本国の主人としての自覚を持て! 街宣&ビラ配布 in 守山」開催のお知らせ
Excerpt: 在特会滋賀支部は以下の街宣を行うことを決定しました。 【件名】新成人よ、日本国の主人としての自覚を持て! 街宣&ビラ配布 in 守山 2011年に平成3年生まれの人が2 ...
Weblog: 反日ハンター
Tracked: 2010-12-18 19:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。