2011年01月15日

決して釣りではない。





 この「愛国を考えるブログ」にトラックバックをしてきた不届き者がいた。「愛国先生の平安時代論」なるタイトルで(私は「愛国先生」と呼ばれているらしい。ちょっと照れるな…)私の記事を荒唐無稽だの下衆な輩であることは間違いないだの散々にこき下ろしてくれています。

 だが私にとって一番許せないのは私の記事を釣りだということである。これは私にとって最大級の侮辱である。いや私だけではない。ほかの愛国者にとっても侮辱である。

 私は愛国的活動を通じて、多くの愛国ブログとつながりを持っている。その中にはこの「愛国を考えるブログ」をリンクしてくださっている方々もいるのだ。なめ猫さんと、風林火山さんがまさにそうである。つまりこのトラックバック主はこの方々たちも侮辱していることになる。

 考えてみてほしい、もし私のブログが釣りならばなめ猫さんも風林火山さんも釣りに引っかかるバカだということになってしまう。だが、これがあり得ないことは一目瞭然だ。なぜなら両者とも愛国者でありそれゆえに頭もよいのだから。したがってトラックバックをしてきたものは反日左翼であり、日本の国体を乱すものだと言っても過言ではない。危険人物として扱うべきであろう。

 ネットには真実があり愛国者も多いが、敵もいる。民主党のスパイもいる。このような反日ブログからトラックバックをもらうこともあるが宣戦布告をしてきているのだろう。敵に知られるほどの有名なブログになっていたことには驚いたが、ある意味でうれしいものだ。

 私は決して反日左翼の妨害に屈することなく愛国保守活動を邁進していきたい。保守こそ日本を救う思想なのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下請け韓国人が変な作画をしたアニメを見ていきり立ちながら、なぜかアニメを見る事自体は止めようとしない…
そんなアニオタ共を批判している私に、彼らが下した判定はもちろん「在日認定」
そんな私ですが、このブログに辿り着き、反日左翼・宮崎駿を断罪する愛国先生の姿を見て、やはり私の主張は間違っていなかったのだと確信するに至りました。

アニメを見るのは反日行為です。
止めて下さい。
Posted by アニメの匂いは反日の匂い at 2011年01月16日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック