検索
 

2011年01月25日

ついに牙をむき始めた民主党、自衛隊の破壊を許すな





 特定アジアの手先部隊であり、愛国者を親の仇のように嫌っている民主党。ついに自衛隊に対する攻撃も仕掛けてきた。北沢防衛相直轄の防諜部隊「自衛隊情報保全隊」が、陸上自衛隊OBの佐藤正久自民党参院議員や田母神俊雄元航空幕僚長の講演に潜入し、現職自衛官の参加状況を監視していることがわかったからだ。

 そもそも自衛隊情報保全隊は外国情報機関や反日暴力組織によるスパイ活動などから自衛隊の保有情報を防護するのが主任務。自衛隊OB、それも愛国者と知られる方々を監視するのは憲法違反と言える。そもそも外国情報機関や反日暴力組織である民主党が中心となって行うこと自体が本末転倒だ。

 この目的はただ一つ、日本を守る愛国者の活動を調べることにより動きを封じようとすることだ。そしてこの情報は確実に特定アジアに流れる。

 実例がすでに起きている。国士・田母神氏宅に泥棒が入ったのだ。現金や貴金属など計約300万円相当が盗まれていたそうだが、これ以外にも機密情報が盗まれたに違いない。田母神氏は国士であり非常に有能であるから民主党政権を倒すべくクーデターの計画をしていたに違いない。民主党はそれが怖いから姑息にも空き巣に見せかけたのだ。

 もちろんこの事件の犯人は民主党関係者である。民主党が中国人か韓国人を使って泥棒をさせたのだ。なぜそう断言できるかと言えば田母神氏は国士であるからだ。民主党狂信者以外の日本人は田母神氏の表札を見て、「偉大な国士宅に不法侵入できない」と躊躇するからだ。したがって犯人は民主党関係者とわかる。

 民主党は田母神氏をクビにしたときには退職金をも奪おうとした。愛国者たちの必死の抵抗でそれは防がれたのだが民主党のことだ、それが悔しくて悔しくてたまらなかったのだろう。だからこそ、空き巣と見せかける意味もあって現金や貴金属を盗んだのだろう。

 民主党は自衛隊に対する反逆行為を犯した。これは日本の国体を危うくさせるものであり改めて民主党が特定アジアとつながっていることが証明された。民主党の最終目的は自衛隊を解体させ中国の人民解放軍を進駐させることにある。そうなっては日本は消えてしまう。自衛隊は日本を守るために民主党政権を監視すべきである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

YUUAI、YUUAIせよ! YUUAI、YUUAIせよ!♪ 第五.六楽章 ”田母神俊雄”
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。元航空幕僚長の田母神俊雄氏(62)の東京都世田谷区の自宅マンションに空き巣が入ったそうだ。msn産経ニュース/元航空幕僚長、田母神氏宅に空き巣 現金など300万円..
Weblog: 愛国学園 teacup分校
Tracked: 2011-01-25 03:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。