検索
 

2011年02月12日

国旗を冒涜して何が悪い





 ロシアが不法占拠する北方領土。愛国者たちがロシアの国旗を引き裂いたということで、ロシアでは大騒ぎとなっている。モスクワでは抗議デモが起き参加者は「菅首相は、ロシア国旗への冒涜を謝罪せよ」と喚いているという。

 だが、この原因を作ったのはロシア。ロシアが北方領土を不法占拠したのがそもそもの元凶。したがって国旗を冒涜するのは自然な行為なのだ。むしろ国旗の冒涜だけで済んでいるだけでもありがたいと思うべきだろう。

 このような逆ギレをするのも民主党が悪い。民主党が外国国章損壊罪という悪法を作ったからだ。このような悪法は絶対に廃止をしなくてはならない。民主党がこのような法律を制定したからロシアで謝罪しろと言ってくるのだから。

 特定アジアやロシアの周辺諸国はこのままではますます増長する。これを防ぐためには愛国者による中国韓国北朝鮮ロシアの国旗をどんどん汚さなくてはならない。これで国民は団結しより良い方向に向かうのだから。
ラベル:ロシア 国旗
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック