検索
 

2011年03月24日

電力事情を乗り切るためにテレビ局とパチンコに強制介入を





 福島原発の問題で東日本の電力事情が逼迫している。これは由々しき事態である。まずは家庭で節電を心がけるべきだがそれにも限度があろう。そこで私はテレビ局とパチンコ店に行政の介入を行うべきと考える。

 そもそもNHK以外のテレビ局などどうせやる内容は同じ。ならばどこかが休止をして消費電力を抑えるべきだ。とりあえず月曜から金曜まで各曜日に1局ずつ停波させるのだ。月はTBS、火は日テレ、水はフジ、木はテレ朝、金はテレ東と順番に休止をすれば公平でよい。とりあえず順番は金曜がテレ朝以外なら何でもいいのだが、火曜日は日テレを停波させるべきだろう。29日に反日球団読売がプロ野球を強行開幕しようとしている。日テレを停波させれば開幕戦が台無しになるからだ。

 この週1停波は節電以外のメリットもある。1日休むことで記者たちの取材も不要になり余計な金を使わなくて済み、かつ休養もできる。その金を義捐金に回せばよいのだ。日本を思うなら積極的に協力するべきだろう。

 もう1つはパチンコ店を営業停止にさせることだ。夜に歩けばわかるが、ネオンが煌々と照らされており、電気の無駄遣いである。本来ならば自粛をするはずだが、そのような形跡はない。これはパチンコ店の大半が在日の経営だからだ。

 在日は日本を陥れるためにパチンコすら利用する。つまり消費電力を増やして関東を文字通り闇にしようということだ。このような所業を許してはいけない。国家の一大事に従わないならばパチンコ店を日本人のものにし、在日経営者は逮捕してしまうべきであろう。

 電気は日本の貴重な資源。被災して電気のありがたさを知った。その電気を無駄遣いする輩は日本の国賊といっていい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢一郎事務所では、年に4回、東京において 『 小沢一郎政経フォーラム 』 を開催しています。

小沢一郎代議士本人が挨拶させていただき、写真撮影等も行っておりますので、毎回大変な盛況をいただいております。



「 第62回小沢一郎政経フォーラム 」 

【 日時 】平成23年4月27日(水)

開場 10:30 第1部 <勉強会> 11:00 〜 第2部 <懇親会> 12:00 〜

【 場所 】ANAインターコンチネンタルホテル東京 ( 旧 東京全日空ホテル )

      地下1階 「 プロミネンス 」

      東京都港区赤坂1-12-33

【 講師 】評論家・副島国家戦略研究所主宰 副島 隆彦 先生

【 演題 】『 民の自覚が生まれつつある世界各国の政治 』

どなたでもご参加いただけます。ご希望の方は お申込みフォーム より送信してください。追って案内を送らせていただきます。
Posted by 「 第62回小沢一郎政経フォーラム 」 at 2011年03月24日 16:52
パチンコは中日みたくセリーグに開幕順延の理由なしと言ったり
巨人みたく普通に試合開催して問題なし何か文句あるって姿勢でなく
大震災後にネオンなどの看板自粛や
営業時間短縮や
新台入替やイベント自粛などの行動に出てるそうですけど・・・・
Posted by at 2011年03月25日 15:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック