検索
 

2011年05月08日

日本の経済を混乱に陥れる菅の暴挙を許すな!





 反日左翼総理として数多くの横暴を極めてきた菅直人がついに日本を破壊しようと強硬手段に打って出た。中部電力浜岡原発の全原子炉を停止するよう中部電力に要請したのである。要請というが実際には命令、つまり圧力と言っていい。

 だが浜岡原発は安全である。菅が浜岡原発の停止するよう圧力をかけたのがその証拠だ。菅は首相として日本をどれだけ混乱するかに力を注いできた。日本で原発が不安になってる時に原発を停止させれば相当な混乱が見込まれる。だからこそ圧力をかけ浜岡原発を停止させようとするのだ。

 しかも菅にとってラッキーなのは原発反対派に自らを売り込むこともできたことだ。空気を読んだと言えば聞こえはいいが実際は支持率を上げるための姑息な手段である。

 先ほども言ったが浜岡原発は安全である。したがって原発の停止は間違ってる。これで中部電力管内の発電量が少なくなり日本全国で電力部族になるのだ。東電管内の計画停電でどれだけ多くの国民が困ったかはまだ記憶に新しいところである。

 電気、つまり原子力発電は日本の根幹である。日本の経済活動を停滞させる行為は決して許されない。菅はついに日本を崩壊させようとする己の願望をむき出しにしてきたということだ。何としても浜岡原発を再稼働させ日本の偉大さをアピールしなければならない。
ラベル:菅直人 原発
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東海大地震は40年くらい前から「来る来る」言っていましたが、未だに来た試しがありません。
その間、東北では何度も大地震が起き、阪神淡路大震災が発生し、福岡や新潟などでも大地震が起こっています。
これほど予想が当たらないなら、浜岡原発だけではなく、すべての原発を止めないと筋が通りません。
今回の浜岡原発の停止要請は、万が一のことが起こった場合の菅直人の保身のための防御線と石井一らのフィリピンでのゴルフ遊び隠しです。
Posted by coffee at 2011年05月08日 18:55
新聞報道等から、中部電力内部で、東海大地震対策のために浜岡原発を停止することは(たとえ仮定の話であっても)まったく検討されることはなかったことが読み取れる。
これは浜岡原発が絶対安全大丈夫だからである。
このことから、管総理の要請は権力の濫用であることは明らかである。

浜岡原発を含め日本の原発を止められるのは想定外の災害による事故だけである。
もちろん、想定外の災害というのは、想定する必要がない(=絶対に発生しない)災害ということである。

災害による事故は絶対に発生しないので、当然ながら事故対策はまったく不要なわけで、今までもそうだったしこれからも変わらないであろう。

そろそろ「福島第一原発の事故そのものが(領土を乗っ取るための)在日、民主党、偏向メディアの共謀によるデマ」というエントリーが載ってもいい頃ではないかと思われる。
Posted by マルクス(次兄) at 2011年05月08日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

浜岡原発停止の影響・中部電力は株価暴落で株主訴訟も・東電への電力融通もやめる方向・福島第一原発も原子炉は停止していたので費用対効果に疑問・石井一のマニラでのゴルフをもみ消すための菅直人のパフォーマンス
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 浜岡原発(中部電力) 浜岡原発の全原子炉停止へ 首相の要請受け入れ http://www.asahi.com/poli..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2011-05-08 18:55

傲慢復活
Excerpt: 中部電力浜岡原発の停止を菅直人が突然に表明し、法的拘束力の無いはずの原発の停止を中部電力としては受け入れざるを得ないという・・・なぜならば、政権と言う権力が一民間企業に対しての協力要請というものは、命..
Weblog: 手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ
Tracked: 2011-05-11 12:06