検索
 

2011年06月05日

ナイジェリアに少子化の対策を見た





 ナイジェリアで、少女に赤ちゃんを出産させ第三者に売却していた「工場」が摘発された。この事件は論外だが、私は日本の少子化対策には非常に良いのではないかという感想を持った。

 日本もナイジェリアと同じように、愛国的な若い女性を集めて人工授精をし子供をたくさん産ませるのだ。それを国で育て愛国的な人物に育てれば少子化は一気に解決するのはなかろうか。

 もちろん一番注意すべきことはナイジェリアのようにしてはいけないということ。子どもを産んでくれる女性は国家のために貢献してくっるのだから最大限の配慮を行い、産む喜びを味わってもらうようにしなければならない。そして子供が幸せになれるようにすることを考えなくてはならない。

 日本の美しき文化である家族の絆を大切にするためにも、ナイジェリアのように売り払うようなことがあってはならない。あの事件がなぜ論外かといえば売却をしているからだ。純粋に少子化対策のためにやるならば許されるということだ。一緒に暮らし、親子愛の素晴らしさを教えなくてはならないだろう。

 少子化は日本に停滞をもたらす。それを防ぐためにも今回の事件は参考になるだろう。高度に発達した先進国の日本ならば十分に配慮した少子化対策ができる。
posted by 愛国 at 02:48| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか良い考えですね。
人工妊娠中絶の全面禁止して、愛国的な若い女性を集めて人工授精をし子供をたくさん産ませれば、少子化対策として万全だと思います。
Posted by coffee at 2011年06月06日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

次の首相に野田と仙谷らが浮上・菅が7、8月までに退陣意向「2次補正と特例公債処理」・次の首相本命不在のレース 枝野、前原、野田、自民なら石破・野田佳彦は地味だが、敵が少なく致命的欠点見つけ難く、歴史認識は石破より遥か上
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 野田佳彦財務相 首相 8月までに退陣の意向 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2011-06-06 19:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。