検索
 

2011年10月26日

大阪市民は橋下徹に投票しよう





 大阪府知事の橋下徹が辞職し、大阪市長選に立候補する。橋下知事は大阪府構想を持っており、そのために大阪市長になる必要があると判断した。選挙は来月27日に行われるが、大阪市民には是非市長選で橋下に投票をお願いしたい。

 私が橋下を推すのは愛国者だからではない。むしろ橋下は反日であると言える。表面上は愛国者のふりを装っているが、裏では反日と手を携えている節があり、決して信用できない。さから私は橋下が嫌いである。ではそんな嫌いな橋下を推すのか?理由は簡単だ。敵の敵は味方だからである。

 橋下が府知事の職をなげうってまで大阪市長選に立候補したのには今の平松大阪市長が民主党の操り人形だからである。平松は元アナウンサー出身でテレビで人気者だったのかもしれないが、市長になってからは労組とズブズブの関係になっている。つまり大阪市役所は伏魔殿になっているのだ。

 橋下が当選すればその伏魔殿も新しい風が入り清浄化されるかもしれない。橋下のことだから油断は禁物かもしれないが、それでも平松よりかはましだろう。

 橋下を信用できないというのは多いかもしれないが、ここは恥を忍んで投票してほしい。確かに橋下はろくでもない奴だが、平松に比べれば明らかに人格者なのである。とりあえず、立派な候補が出たら落とせばよいのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうして自民党は愛国者である先生を擁立しないのでしょう。そうすれば、愛国者である有権者はこぞって先生に投票し、大阪市は愛国的な都市として生まれ変わることができるチャンスなのに。
Posted by at 2011年10月26日 05:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。