検索
 

2011年11月26日

大阪市長選挙、橋下氏に入れなければ大阪は地獄になる





 明日27日は大阪市長選挙が行われる。前大阪府知事の橋下徹氏と、大阪市長の平松の一騎打ちである。この選挙は橋下氏に投票してもらいたい。橋下氏は確かに危険人物かもしれないが、平松が再選されたら地獄のような状況が想定されるからである。

・大阪市において外国人参政権が制定され、将来的には日本人の選挙権が剥奪される
・大阪市に居住する夫婦は夫婦別姓が義務付けられる
・大阪市内で特定アジア人に暴力を振るうと犯罪行為になる
・逆に特定アジア人は大阪市では犯罪がし放題になる。もちろん、日本人に対する暴力は歓迎される。
・特定アジア人は税金が免除になり日本人の税が増える。
・市立学校では反日教育を強制的に行わせられる。ジェンダーフリー教育も義務化される。
・亀田史郎が大阪市の幹部になり暴力担当の役職に就く

 これを妄想だなどと言ってはいけない。すべて現実的に起こり得ることなのである。正直妄想であってほしいぐらいだが、残念ながら現実化する可能性が高い。こうならないようにするには大阪市民の良識によって橋下氏に投票するしかないのである。

 愛国者の皆さんよ。時間がない。このブログを拡散して多くの人に知らせてください。政治とは無関係なブログにトラックバックしてもかまいません。少しでも多くの人の目に触れさせることが必要です。
ラベル:亀田史郎 橋下徹
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック