検索
 

2011年12月05日

祝!城内先生自民党復帰へ!





 城内実衆院議員が自民党に復帰する見通しとなった。私にとってもこれは非常に嬉しいことである。というのも私はちょくちょく記事を城内先生のブログにトラックバックしていたからだ。日本が誇る愛国者のブログに私の記事がリンクされている−そう思うと胸が高鳴るのです。それだけではない、私のブログも城内先生のブログの言い回し等を参考にしているのだ。

 思えばあの郵政選挙において城内先生は自らの信念を貫き通したのは記憶に新しいところ。独裁政治を行い、身内ですら恫喝をする小泉純一郎に決してひるむことがなかったあの姿は多くの国民に勇気を与えたのです。その小泉も議員を引退し、正真正銘自民党は愛国政党になりました。城内先生の復党はまさに満を持してと言ったところでしょう。

 因果応報という言葉があるが、眞鍋かをりはかつて城内議員に因縁をつけたことがあった。だが城内議員はこうして自民党に復党しようとしている。一方の眞鍋は最近姿を現さない。これは天罰が下ったと考えるのが自然だろう。

 悪の栄えたためしは長くない。世の中は正義が必ず勝つようにできているのだ。つまり、民主党はこれからひどい末路が待っているということに他ならない。
ラベル:城内実
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしかして: SPAM
Posted by もみを at 2011年12月05日 07:56
第31回全国中学生人権作文コンテスト 入賞作文(一部)の紹介


第31回を迎えた平成23年度は,昨年度より371校増加した6,682校(全国の中学校の約60%),6,246名増加した893,258名(全中学生の約25%)から人権作文が寄せられ,過去最高の応募者数となりました。

みなさんも,これらの入賞作品を読んで,「人を思いやる心の大切さ」や「命の重さ」について考えてみませんか?

内閣総理大臣賞 「絆」:福岡県・九州朝鮮中高級学校 中級部3年 崔玄祺[PDF:101KB]


http://www.moj.go.jp/JINKEN/sakubun_23nendo.html
Posted by at 2011年12月05日 16:49
>> もしかして: SPAM

>否。断じて否。
>正しくは SMAP である。

♪Every sperm is sacred.
♪Every sperm is good.
Posted by モンティ・パイソン大好き at 2011年12月06日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック