検索
 

2011年12月07日

内柴事件の遠因に谷亮子の政界進出があった





 アテネ・北京両五輪柔道の金メダリスト・内柴正人容疑者が逮捕された。容疑は九州看護福祉大の女子柔道部コーチ当時、東京都内のホテルで10代の女子柔道部員に酒を飲ませ乱暴準強姦の容疑である。オリンピックの金メダリストによる犯罪に衝撃が走ったのは言うまでもないだろう。

 それにしてもこの事件は卑劣であると言わざるを得ない。オリンピックの金メダリストならば当然、力はある。それをいいことに思いっきり弄んだのだろう。いくら柔道部員といえども抵抗はできないだろう。しかも、部屋に侵入してやったとの報道もある。金メダル同様にメッキがはがれた内柴。金メッキの銀メダルが泣いて錆びてしまうぞ。

 このケースは内柴自身が最も悪いのだが、柔道界にも非はなかったのだろうか?私はそう思わない。この事件は柔道界の体質にもあったと思う。その証拠が谷亮子の政界進出である。

 そもそも谷が民主党から立候補し、国会議員になってしまったことが悪い。民主党は日本を破壊するために生まれた政党。そのようなところの議員になるのを見て「自分も悪いことをしていいんだ」と内柴は思ったのかもしれない。そういえば内柴は谷を応援していた記憶がある。私の記憶が確かならば内柴も谷の仲間ということか。

 この事件が日本社会に与える影響は大きい。これが原因で学校での武道の必修がなくなるかもしれないからだ。そもそも武道を必修化するのは愛国心を涵養するためであった。だが、内柴事件により柔道のイメージダウンにつながってしまう。

 だからこう思ってしまうのだ。内柴は谷を応援しているから武道の必修化に反対し、自らの身を犠牲にしてこのような事件を起こしたのではないかと。こんなわけのわからない邪推をしてしまう。

 内柴1人のために武道の必修化を停滞させてはならない。内柴のケースはあくまで例外中の例外。民主党に肩入れしたからこその事件だ。武道はかならず日本人を愛国的にしてくれる。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当然愛国さんも武道をみっちりやっているのでしょう。
だから当然、メタボになんてなってませんよね!
Posted by at 2011年12月07日 00:59
【皇室】 雅子さま「離婚計画」が浮上…女性自身報じる★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323219950/
Posted by at 2011年12月07日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック