検索
 

2012年01月25日

日本もイスラエルを見習おう





イスラエル高裁は、パレスチナ人配偶者にのみイスラエル国籍を持つ人と結婚してもイスラエル国籍を与えない措置を継続する判決を出した。私は日本にも同様の措置を即座に実行すべきだと思うので、これは非常に心強いことであると思った。

 そもそもイスラエルがこのようなことをしているのはすべて自国を守るためである。イスラエルは敵国に囲まれているため、いつテロリストが入り込むかわからない。何せ、イスラエル国民の約2割は非ユダヤ人のアラブ系、つまりテロリスト予備軍がいるのである。そいつらが一斉蜂起すればイスラエルは内戦となってしまうだろう。イスラエルが差別政策をとるのも当然である。

 そしてこれは日本にも当てはまる。日本もイスラエルと同じく周辺を敵国に囲まれているからだ。周辺を敵国に囲まれているのは世界中で日本とイスラエルだけだろう。

 日本もイスラエルを見習って中国人韓国人朝鮮人には日本人と結婚をしても市民権を与えないようにするべきである。犯罪者が権利を持つというのはキチガイに刃物と同じだからだ。ただでさえ、民主党が強行採決した改悪国籍法によって三国人が流入してきたというのにこのままでは純日本人の比率が少なくなり日本人が奴隷化してしまうだろう。そうなれば日本が終わってしまう。

 上の判決を出した高裁判事の一人は「人権は、イスラエルが自殺する権利まで意味するものではない」と語った。 確かにそうだろう、国民の自殺は愛国心の発露であり歓迎すべきことだが、国家の自殺は日本人が存亡の危機になる一大事である。決して許されないのだ。

 日本もイスラエル化しなくては生き残れない。イスラエルのように情報機関を強化し、敵に対しては拉致して徹底的に拷問を加え殺害し、反日民族には差別をしなくてはならない。それが日本の生きる道なのだ。
ラベル:イスラエル
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だが待って欲しい。
まずは、そんな事より、北朝鮮の工作員である愛国先生を、できるだけ残虐な方法で死刑(←世界に誇る日本の文化)にすべきでは無いだろうか??
Posted by 長 勇 at 2012年01月25日 07:00
外国人は外国人でしかなく、市民権も日本国籍も与えてはいけない。
当然の事である。

さて、アニメの話であるが、最近は中韓のみならず、フィリピンにも外注に出しているとの事。
率先しているのは、もちろん反日企業である東映アニメーションだ。

フィリピンといえば、カルデロンのり子の事件が記憶に新しい。
どうやら日本国籍の取得に成功したようだが、本当にそれで良かったのだろうか?

そういえばフィリピン人とのハーフの中島なんとかという声優もいたような気が…

それでは、また明日。
Posted by アニメの匂いは真悪の匂い at 2012年01月25日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック