検索
 

2012年02月23日

河村市長が立派な政治家であることが証明された





 河村たかし名古屋市長が旧日本軍による「南京事件はなかった」と発言した件について南京市は名古屋市との交流停止を発表するなど波紋が広がっている。だが河村市長の発言は何も問題はないのはとうぜんだろう。

 そもそも南京大虐殺が起きたとされる当時の南京の人口は20万ちょっといない人間を殺すことはできない。それ以上に日本人は優秀な民族だから虐殺などはしないのである。

 日本軍の中にも非戦闘員を殺したものはいたかもしれない。それは否定はしない。だが、それは本当に例外的なことで軍全体では規律は保たれていた。1901年の義和団事変において日本軍は世界各国から賞賛されたのである。30年経ったとはいえ、伝統を大事にする日本人が振る舞いを変えるなんてありえないはずだ。

 もしも虐殺が事実とすれば日本軍を陥れるために敵国が起こしたと考えるのが筋であろう。例えばロシアや朝鮮などだ。先の義和団事変においてロシア軍のやったことは世界中で非難されたという。そしてその伝統はロシアからソ連に変わっても受け継がれた。しかもソ連は朝鮮人を自国に連れて行き、ソ連人とさせたのである。したがって日本の評価を落とすためにソ連と朝鮮が結託をして、日本の仕業にして虐殺をした。それなら十分にありえる。なにせ、朝鮮人は平気で残虐な行為をすることで有名なのだから。

 とにかく日本軍は南京で虐殺などしていないというのが正しい。にもかかわらず中国は日本の仕業として押し付けようとしている。決して許されてはいけない。愛国者は河村市長を支える義務がある。

 河村市長は民主党の出身ではあるが民主党の反日性に嫌気がさし離党した真摯で真面目な政治家である。政治家に必要なのは何か?それは国民(この場合は名古屋市民)を幸せにすることである。今回の件で名古屋市民のみならず多くの国民が中国に対する一撃に幸福を覚えたのは言うまでもない。

 河村市長は減税を公約に掲げて名古屋市長に当選した。だが、この発言は仮に減税が失敗して増税を行ったとしても偉大な業績として語り継がれることであろう。経済政策には倫理性が高くないと失敗してしまうからだ。名古屋市民が本当にうらやましいと私は思うのだ。

 そして河村市長が正しいとアピールするためにも、今こそ日本は真実を白日の下にさらすべきである。そして胸を張って言おうではないか!「南京事件は大嘘だ!コミンテルンと朝鮮の陰謀だ!」と。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて本ブログを読みました。
少し感情論が入り根拠の薄い部分も有ります。
しかし全体は論理的で、むしろ氏の主張は私の周りでは常識化しています。
さて、論理性的に検証すれば、@人口A死体処理方法B当時の世界での報道、で大量虐殺はあり得ない。
かたや、大量虐殺肯定派は大東亜戦争終結後かなり後(正確な年は失念しました)に現れた目撃者の証言のみ。論理性の有無などぶっ飛んでいる。常に悪魔の証明を求めているだけで、自らの証明(責任)は果たさない。
長文失礼。専門家ではないので全くの私見になりますが、肯定派の人達はマインドコントロールを受けている人間の特徴がよく出ている。相手に悪魔の証明を求めているにも関わらず、自分が不利になると大声を張り上げたり、別の話題を持ち出したりする。おそらく自分達は正しいので証明の必要無しと云うことなのでしょう。つまり自分達の主張は神の啓示なので証明の行為そのものが不遜になる、と云ったあたりの安っぽい新興宗教の教祖への絶対服従なのでしょう。
観念論的に申し上げるならば、南京大虐殺を行ったのは肯定派の人達であると云うことです。物理的に無かったことでも、観念として南京大虐殺があったならば、まさに大量虐殺を行ったのが南京大虐殺を肯定し、旧日本軍及び否定派を責めている人達こそが行っているのだ。
哲学が嫌いな人には何の主張か理解しがたいものなったかもしれません。
簡単にまとめますと、肯定派の人達は物的証拠を示すまでは正常な思考の出来ないクレーマーの嫌がらせと理解しましょう。
冗長文です。精神障害者の幻覚・幻聴は当人にとっては現実なのです。薬物によるものも同じです。ならばマインドコントロールを受けていれば近いものなのでしょう。そう考えると肯定派の人達に対して少し優しい気持ちになれませんか?
最後に、本ブログのように素晴らしいものが有ったことを今日まで知らなかった不明を恥じると共に、これからもご活躍を微力ながら応援致します。喜びの興奮状態でのコメント、失礼がありましても笑ってお許し頂きたい。
Posted by マイスターキートン at 2012年02月23日 11:57
「南京事件の真実」でもアニメ化してみよ、売国アニメ作成者ども。
Posted by アニメの匂いは真悪の匂い at 2012年02月23日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック