検索
 

2012年04月06日

八百長をした在日・亀田を日本から追い出せ





 またしてもボクシングで八百長が行われてしまった。WBAバンタム級タイトルマッチで亀田興毅が、同級ノルディー・マナカネに判定勝ちをしたのである。これがKOならばまだわからないでもない。だが、負けたマナカネが「最悪でもドロー」 と判定に不満を漏らしたことからもわかるとおり、始めから仕組まれていたものだったのだ。

 八百長をした亀田には厳罰を与えないといけない。大相撲の八百長問題をはじめ、八百長の罰則は永久追放が通常である。当然亀田も永久追放をして祖国に帰さないといけない。そう亀田は在日なのである。だから亀田は祖国に帰してやらないといけない。

 亀田興毅が在日なのは亀田史郎の息子という点から容易に証明できる。史郎は日本人に対して敬意を払わない、敬語を使わない、すぐに恫喝する言う点からも在日だというのは明らかだ。つまり在日の息子である興毅も在日となるわけだ。

 そして亀田興毅はどうかわからないが、史郎は熱烈な民主党支持者として知られている。なぜならば存在そのものが犯罪者だからだ。すでにセコンドライセンス取り消しの処分が下っているが、過去にこのような処分を食らったのは殺人犯のみ。つまり史郎は殺人犯扱いでありイコール民主党支持者であることが導かれるのだ。

 その証拠に先の大阪市長選において民主党の支持を受けた平松邦夫前市長は、亀田史郎を大阪市の幹部にし暴力担当の役職に就かせる予定があったらしいのだ。幸いなことに平松は落選しこの件は無かったことになったがもし当選していたら大阪が北斗の拳のようになっていたかもしれない。決して荒唐無稽な話ではないのだ。

 亀田一家は日本にいても百害あって一利なしである。一刻も早く日本から出てもらって祖国に帰ってもらいたい。そして向こうでトラブルを起こして殺されて欲しいものだ。ボクシングを愛する誰もが祝杯を挙げるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国外追放しても再来日する可能性があるため、まず先生が完膚なきまでに叩きのめしてボクシング引退させる必要があるだろう
Posted by baikoku_sensei at 2012年04月06日 03:33
大阪が「北斗の拳」のようになるのは、ちょっと見てみたい。
マッドマックスじゃないところが、ちと淋しくも笑ってしまう。元々、霞拳四郎は日本人だし。確か高校生だった筈だし。
Posted by マイスターキートン at 2012年04月06日 08:47
GHQが確認した空海の手紙

明治10年頃に回虫や蛭を持込み本百姓(小作=1町歩以上)や

水呑百姓(川原下・新田小作=1町歩以上)に行倒を装い

群って苗床を荒し種籾を食あさり田畑や井戸と湧水地に糞便を撒散し略奪・強姦と

一家離散へと追込だ族が行って来た文化破壊や歴史改竄に

生活保護法成立後も行い通けた家賃の不払運動と西郷隆盛の家紋を捏造し

勝手に住所・電話番号を記載した部落総覧を京都市を除く公共図書館に送付し

記載者に電話を掛させ代金を振込ませ簡単に閲覧出来る様にしました。

真相を100条委員会で追及する活動をしませんか。
Posted by 環境大学新聞 at 2012年04月06日 18:34
ボクシングも、よく漫画の題材として使われるので、撲滅した方がよいのであります。
亀田親子に限らず、基本的にDQNのやるスポーツですしね。
Posted by アニメの匂いは真悪の匂い at 2012年04月06日 19:49
「アニメの匂いは真悪の匂い」様

そこまで仰るなら、
口先だけと罵られるのを回避するためにも
実際にボクシング選手らの目前で
そのように糾弾してみたら如何でしょうか?
Posted by hopilover at 2012年04月07日 10:51
民主党の小宮山が大臣だった時に
外国人が国民健康保険に加入できる条件を大幅に緩和して
ほとんどの外国人が加入可能な状態になっているそうです。

2泊3日で日本に観光に来た中国人も加入可能で
その後5年間はそいつが中国で治療等をしても
日本の税金からお金が支払われるということに
Posted by チョンを半島に捨てよう at 2013年02月24日 07:39
在日朝鮮報道局TBSを永久追放しない限り亀田の八百長劇は続くよ

TBSの正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/21.html
Posted by at 2013年06月19日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック