検索
 

2012年04月07日

正義の勝利!在特会が朝鮮学校を見事廃校にする





 これは正義の勝利と言ってよい。京都の公園を無許可占有したことで知られる朝鮮第一初級学校が新学期から休校となり廃校することが決まったからだ。そして朝鮮学校の廃校の背景には愛国団体・在特会があったのだ。

 朝鮮第一初級学校は先に述べたとおり、京都市の公園を勝手に使い市民の迷惑となっていた。そのような横暴に立ち上がったのが在特会だ。在特会は抗議活動を展開し見事に公園使用を止めることに成功した。



 相手が小学生だからと言って手加減してはならない。テロリストの子はテロリスト、泣かせて怖がらせて早めの内に恐怖心を植え付けさせないとダメなのだ。その意味でこの抗議活動は非常に素晴らしかった。

 だがその後の結果は知っての通り、濡れ衣を着せられてメンバーが逮捕され有罪判決を受けてしまうのである。これは司法による愛国者への弾圧とネットでは批判の嵐だった。

 しかし正義はいつの世も勝つ。在特会を犯罪者にさせた犯罪集団・朝鮮第一初級学校は排国となることが決定した。この事件以降抗議活動が頻発したためである。つまり朝鮮学校廃校は在特会の功績と言っていい。在特会は逮捕と引き換えに実利を得たわけだ。なんという素晴らしいことであろうか。

 これからも京都に限らず全国で反朝鮮学校の運動を在特会によっておこしていく必要があるだろう。これが将来的には北朝鮮の体制を崩壊させ拉致被害者を返すための最良の方法なのである。われわれは在特会の行いを長く語り継いでいく必要がある。それが愛国者としての務めなのだ。
ラベル:朝鮮学校 在特会
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが愛国先生です。

これからも在特会の功績の宣伝と、自民党などの愛国勢力の連携を強く訴えて下さい。私も応援しています。
Posted by まっちゃん at 2012年04月07日 09:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。