検索
 

2012年04月27日

小沢一郎無罪、混乱こそが贖罪だ





 政治資金規正法違反で強制起訴された民主党の小沢一郎元代表の東京地裁の判決が無罪となった。小沢代表がはこれで犯罪者というレッテルはとられることになったわけだが、裁判にかけられたのは自分自身にも責任はあったのではないか?そう思って反省はしてもらいたい。

 反省の取り方はただ一つ。行動をすることである。そう、民主党に対して混乱を巻き起こすのだ。そもそも民主党は身内でありながら小沢氏を犯罪者のように扱ったろくでもない政党だ。したがって小沢元代表は民主党を倒さなくてはならない。そうでないと小沢氏自身が自らを犯罪者と認めたことになってしまう。

 今こそ民主党を内部から揺さぶり混乱させ民主党を壊滅させなければならない。その役目は小沢氏こそが一番ふさわしい。無罪になったとはいえ世間はまだ小沢氏に対して疑いの目を向けるものが多い。その者達の期待にもこたえないとダメだ。民主党を破壊させれば誰もが小沢氏の犯罪はなかったと気づくだろう。民主党を憎む心があれば犯罪はなくなるからである。そう、この裁判も民主党がでっち上げたものだったのだ。

 小沢氏は無罪になったと喜ぶのならば証人喚問に出て正当性を証明すればいい。幸いなことに自民党も小沢氏の証人喚問を応援している。ここで野田や前原の悪行をあることないこと言えば小沢氏は民主党政権を崩壊させた真の愛国者として歴史に名を残すであろう。それは民主党を憎むすべての愛国者が望むことであるし、小沢氏を信じ切れていない者も納得させることができる。

 その過程で混乱は避けられないだろうが、むしろ混乱こそが日本には必要なのだ。政局を起こし、国政を停滞させてこそ日本は救われるのである。多少の犠牲は出るだろうがやむをえない。むしろ日本のために犠牲になるのだから誇らしいことだと思うべきなのである。少なくとも民主党によって殺されるわけではないのだから。

 小沢氏は無罪判決に喜んでばかりではだめだ。国民に迷惑をかけた反省をし贖罪をしなければ国民は見放すであろう。
ラベル:小沢一郎
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小沢氏は典型的政治「屋」ですからね。
この世渡り・駆け引きのうまさは、民主党の他のボンクラ政治家とは一線を画すものであります。
是非とも消費税増税案を廃止に追い込んでもらいたいものです。
代わりの財源?
そんなもの、アニメ・漫画・ゲーム・パチンコ業界から毟り取ればいいだけの話です。
Posted by アニメの匂いは真悪の匂い at 2012年04月27日 06:05



【うぃすぱー・ぼいす】や【アニメの匂いは真悪の臭い】は自身が担当している『アニメ=反日』という工作と、『ネトウヨはアニオタだ!』という韓黒人の勘違いを利用した、『ネトウヨ=アニオタ』という工作同士が相殺しあっているという事には気付いていないのだろうか?



Posted by 逆ネトウヨ【滅朝】 at 2012年04月27日 17:36
(1)小沢が民主党政権を崩壊させる
(2)しかし、自民党の憲法改正案があまりにも右寄りなので、国民にそっぽを向かれ、選挙では勝てず、小沢率いる新党が過半数をとり、小沢政権ができる
ということになったら先生はどうすのでしょうか?
まあ、とりあえず、死者さえ出れば、満足なのかもしれませんが。
Posted by 誰だっけ? at 2012年04月27日 20:09
おはようございます。

 小沢氏は自身、「日本改造計画」で政治資金規正法違反者には、 連座制も強化すると提案しながらすべて秘書がしたことと言い逃れ。

 これでは国民の信頼は得られません。
Posted by inkyo at 2012年04月30日 10:16
おはようございます。

 TBありがとうございます。

 小沢氏は、「日本改造計画」で政治資金規正法違反者には、 連座制も強化すると提案しながらすべて秘書がしたことと言い逃れ。

 これでは国民の信頼は得られません。
Posted by inkyo at 2012年04月30日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

小沢被告の政治責任
Excerpt: 「小沢裁判無罪判決と政治責任」の続きです。 民主党元代表の小沢一郎被告に無罪判決が出ました。 これ自体は、強大な行政権力の暴走を防いだ点で、民主制の国民に とっての慶賀な事です。 ..
Weblog: 政治の本質
Tracked: 2012-04-27 23:14

おのまはクロか
Excerpt: このブログで何度か書いてきたことだが、おのまは小沢一郎のシンパではない。シンパになれない事象があるからだ。一例をあげる。かつて湾岸戦争のときに小沢一郎の指導のもと日本政府がパパブッシュ米国政府に1..
Weblog: 木霊の宿る町
Tracked: 2012-04-29 00:06