検索
 

2012年08月04日

柔道の男子惨敗の戦犯は谷と内柴にあり





 ロンドンオリンピックの柔道が終わり、金メダルは女子の松本薫の1つだけ、男子は史上初めて金メダル0の惨敗となってしまった。学校教育に武道が必修となったのに全くもって追い風にならなかったのは戦犯がいたからだ。そう、谷亮子と内柴正人の2名である。

 谷については先日書いた通り、福見が負けるように仕向けその後の勢いをそいだ悪女である。その悪しき流れが男子にもいったのだ。そして内柴は実は朴泰活という在日朝鮮人であり、日本人と偽った男なのである。内柴の起こした朝鮮人特有の行為によって日本のパワーが落ちたのである。

 柔道が不振なのは柔道界が汚れているからだ。そしてその要因はやはり韓国にあるということがこれで分かったと思う。まずは柔道界における反日要素を取り除くことが大切だ。そのためには谷を柔道界から追放し、真に愛国的な人物を柔道界の顧問に据えて団体内の規律をつけなければならないだろう。

 そしてやはり大切なのは靖国参拝であろう。柔道は武道であり日本の心であり、伝統である、したがって伝統を大切にするには靖国神社に参拝する必要があるのだ。靖国参拝することで英霊のご加護も頂き良い成績を得ることができるのである。

 チーム内に問題があっては実力があっても何にもならない。まず、己を見つめなおすことが必要だ。腐ったミカンこと朝鮮人関係者を抹殺し、英霊にすがるようでなければ勝てるものも勝てないのである。なぜならば最後にものを言うのは精神力だからだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック