検索
 

2012年08月06日

金メダルが少ないのは民主党の悪政のせいだ





 ロンドンオリンピックは後半戦に突入しサッカーは男女ともにベスト4に進出、16分の15の確率でメダルを獲得することになった。とはいえ狙うはやはり男女での金メダルであろう。男子が金メダルを取れば女子に続く国民栄誉賞も見えてくるだろう。

 だが金メダルが少ないのが非常に気になる。銀と銅については全く問題はない、重量挙げ・アーチェリー・バドミントンと予想外のところからメダルを出したり、競泳陣は過去最高のメダルを獲得したりしているからだ。だがまだ2つしか金メダルがないのは寂しすぎる。これも民主党の悪政のせいなのだ。

 民主党の悪政、具体的に言うならば事業仕分けである。あの事業仕分けにより本来金が分配されるところに金がいかなくなり、結果金メダルが取れなくなってしまった。しかしそれ以上に問題なのは精神的なダメージである。

 あの仕分けにおいて仕分け人の一人、蓮舫はこう言ったものだ。「2位じゃダメなんですか?」と。ダメなんだよ!お前の発言が1位になることを委縮させて金メダルが銀や銅になっちゃうんだよ!

 おそらく蓮舫はこの事業仕分けを通じて日本の金メダル阻止を企んでいたのだろう。なぜならば蓮舫は中国出身、したがって日本の活躍を心から憎んでいるはずなのだから。今頃蓮舫はこの金メダルの少なさにほくそえんでいることだろう。

 このような悲劇を次のリオデジャネイロに引き継いではいけない。人民裁判である事業仕分けを廃止し、今まで通りの予算の使い方に戻し、民主党を下野させ、蓮舫を祖国に送り返さなければならない。民主党政権が続く限り日本のオリンピックの結果は惨憺たるものになるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金メダル 6個(女子4個、男子2個)
全体的に、何故だか女性選手の活躍が目立つ。
男性が弱輩者にみえて、忍びない。国技である男子柔道、初の金メダル逃す、男子団体競技、活躍はフェンシングくらいしか思い浮かばない。男子体操は、個人はさることながら、団体は初めから終わりまでミスにまとわりつかれる始末。精神力は女子選手のほうが強いように思われる。男子は特に甘やかされている傾向が強いと精神が育たないんだと思う。
Posted by 日本人の子育ての過保護にある at 2012年08月12日 15:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック