検索
 

2012年09月12日

自民党総裁選、大切なのは団結だ





 自民党総裁選挙が行われる。谷垣総裁は出馬を断念し、石破茂氏・町村信孝氏・石原伸晃氏が出馬を決定。安倍晋三氏・林芳正氏も出馬を考えており4氏以上によって争われることになった。私は自民党ネットサポーターズクラブ(J−NSC)のメンバーであるが、ここではだれを支持するかを見合わせようと思う。無責任と思われるかもしれないが私にとって重要なのはその後だからだ。

 次の総選挙において民主党の大敗が確定しており自民党が政権を取ることが濃厚である。つまり誰が新総裁になっても次期首相となることが確定しているわけだ。だからこそ内紛を繰り返す民主党の二の舞にならぬよう団結力が必要になるわけだ。

 だからこそ総裁選に負けた候補者は離党するようなことをしてはならない。次期与党として鉄の団結こそが将来的な安定政権を作れるのである。自民党は過去に総裁選から党内不和もあったことはあったが新生自民党にはふさわしくない。国民の誰もが応援したくなる保守政党としての自民党が求められているのである。

 何度も言うが民主党は次の選挙で大敗する。だが自民党がダメでは民主党を有利にしかねない。だからこそ自民党が鉄の団結を見せることで党員はもちろんJ−NSCをも安心させ、工作活動も順調に楽しくできるのである。
ラベル:自民党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕の楽しい「工作活動」!!!
毎日楽しい「工作活動」!!!
限りない性欲と変態度で行う「工作活動」!!!
Posted by 誰だっけ? at 2012年09月12日 20:21
新風とか立ち上がれ日本のほうが自民よりも保守的ですよ。
Posted by 新風とか立ち上がれ日本とかどうしたんだよ at 2012年09月13日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。