検索
 

2012年12月04日

FIFAは韓国から賄賂をもらって圧力をかけられたのだ





 ロンドンオリンピックの3位決定戦で「竹島は韓国の領土」というプラカードを掲げた朴鍾佑に対し、代表戦2試合の出場停止と3500スイスフランの罰金処分を科した。だがこれは明らかに軽い処分である。メダルはく奪こそ、FIFAの管轄外だからまだ仕方がないが、事実上政治的メッセージを容認したも同じことである。

 これはFIFAが韓国から賄賂を受け取ったからに間違いない。だからこそこのような軽い処分にしたのだ。韓国も全く処分がないとおかしいと思ってわざと罰を与えるようには仕向けたのだろう。まったくもって許しがたい所業である。まさにサッカーを政治で汚した暴挙である。

 日本はこのような韓国とFIFAの癒着を徹底的に明らかにして世界に両社の腐敗を晒すべきである。いやそれだけではない、FIFAを脱退して抗議の意を示すべきだ。ワールドカップには出れなくなるが、韓国の横暴を防ぐためならば誰もが賛成してくれるだろう。

 これは何もサッカーの問題だけではない。あと6年で韓国でオリンピックが開かれるのである。このままならばオリンピックが完全にダメになってしまう。韓国でのオリンピックを防ぐためにも北朝鮮と手を組み韓国を攻撃しなければならない。そして戦争状態にすることこそ世界を救うのである。

 政治とスポーツを無理やりつなげる韓国には正義の鉄槌を下さなければならない。そのためならば北朝鮮の韓国への攻撃を率先して援助し、オリンピックを開けないようにすることこそが重要である。政治の力で韓国でのオリンピックをつぶすことが日本の国益につながるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまらん
0点
Posted by 187443 at 2012年12月04日 01:07
ですね。
Posted by 匿名希望 at 2012年12月04日 01:53
久々の北朝鮮オチですね。
Posted by baikoku_sensei at 2012年12月04日 11:05


 いわゆる連呼リアンと呼称される臆病な蠅は(韓流擁護派も含む)、いわゆるネット右翼を畏れ、嫉妬し忌み嫌う不潔なネト蠅、生ゴミを喰らう虫、風呂にも入らず汚い遠吠えを爆発させて、醜くすぎる素顔を一時でも忘れようとする憐れな民、穢れた血、韓国という地球の便所に住み、もしくはその便所に本能的に戻ろうとする便所虫、日本で日本人にいじめられた日本人も異国韓国に逃避的に夢見、臭い小虫は臭い場所にしか棲息できない、こいつらの末路は、美しい国に踏み付けられて駆除され腐るのみ。そう、働かない害悪なお前のことだ。
Posted by 逆ネトウヨ at 2012年12月05日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック