検索
 

2013年02月01日

園田監督は間違ってない。体罰は必要だし、柔道の不振は選手が悪い。





 柔道日本女子代表の園田隆二監督がコーチらと共に暴力やパワーハラスメントをしたということで監督職を辞任することとなった。だが暴力やパワーハラスメントといえばつまり体罰である。だからこんなことで園田監督が辞任するのは間違っていると思う。なぜならば体罰は日本の伝統であり、愛国心涵養のために絶対に必要だからだ。

 これは体罰を推進する「体罰の会」のサイトを見ればすぐにわかる。理事・顧問には加瀬英明会長をはじめ西村幸佑・水島総・田久保忠衛・戸塚宏氏らが並び、発起人には
小堀桂一郎・清水馨八郎氏が並ぶそうそうたるメンバーである。名簿にはないが、石原慎太郎衆議院議員や櫻井よしこ氏も大賛成論者として有名である。そう考えれば体罰が日本の愛国心のために重要であるということはすぐにわかるはずだ。

BBlsiDRCMAEkc78.jpg


 それにしても許せないのが、今回の件を告発した15人の選手たちである。こいつらが余計なことをしなければここまで大事にはならなかったのだ。しかも連中はこの勢いに乗じて、ロンドンオリンピックの敗因を監督・コーチの暴力のせいにしようとしている。こんなデタラメを許してはいけない。

 何回も言うが、体罰は日本の愛国心涵養のためには必須。それを理解せずに逆ギレする選手たちの幼稚さこそに原因があるとなぜ考えない?まさに開き直りであり、自爆テロと呼ぶに相応しいぐらいの暴挙なのだ。この件で2020年の東京オリンピック招致にも影響が出ている。たかが1競技のためにオリンピックがつぶされたらたまらない。本当に余計なことをしてくれたものだ。

 国民がマスコミに洗脳されて最悪の場合、学校での武道の必修が無くなるかもしれない。これは日本の危機だ。せっかく日教組による反日教育を抑え込むために第1次安倍政権下で武道必修を実現したのに、これでイメージが悪くなってしまう。武道が無くなれば愛国心は消えてしまい、日本はひどい目に合うだろう。これはGHQが武道を禁止したことからも明らかである。

 体罰は日本の愛国心の象徴。また武道は体罰があるから日本の愛国心の象徴なのだ。絶対に体罰を無くしてはならない。体罰の会は積極的に活動している。2月25日に緊急集会が開かれる。そこで体罰の正しさが語り合われることだろう。体罰は権利であるし、教育を受ける者は体罰をうけたがっている。そのことを忘れてはならないのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体罰が必要ならば、暴力も必要ですよね?
ムッソリーニも言ってましたね。
「暴力はむしろ道徳的なものである。というのは、それによって我々が48年かけてもできなかったことを、わずか48時間でやってのけたのだから。」
Posted by それともあなたはただのドSか? at 2013年02月01日 11:02
愛国先生にスポーツマンの気持なんか理解できませんよ。
だいだい問題がなかったら15人も訴えないでしょうが。
Posted by 匿名 at 2013年02月01日 12:09
体罰を肯定する人間は野蛮人
Posted by つんどら at 2013年02月01日 13:07
女子選手に精神的な被害をあたえる監督は不適切。




柔道の五輪は、理事、監督が代表選手を好き勝手に選考して、中には涙をのんだ選手もいる。

金メダル候補の選手が代表落選して、理事、監督の贔屓で金メダル候補でない選手が選出されて結局、予選落ちする。柔道は顕著だった。
Posted by ありえない at 2013年02月01日 16:09
TBありがとうございます。

私は体罰は犯罪だと認識し、園山も刑事罰を与えるべきと考えています。つまり貴ご意見は正反対ですが、そうお考えの方もいると知り、勉強になります。

但し「体罰が愛国心涵養に必要」とは如何なる意味でしょうか?殴ったり蹴ったりで叩き込まねばならない愛国心って一体何なんでしょう?そんなに無理矢理、強制しなくても、程度の差こそあれ、皆、ふつうに愛国心を持ってますよ。

わが国古来の武道を子供達に教えることと、体罰を与えるのは、まったく次元の違う話です。理不尽に他人を暴力で脅すことは犯罪です。
Posted by yohkan at 2013年02月02日 00:01
愛国先生の口癖は、「自殺は愛国心の発露」ですからね。しかも先生の理屈だと、場合によっては強姦も愛国行為になるらしいですよ。http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/281194075.html

狂ってますよ釣りだとしても。
Posted by 匿名 at 2013年02月02日 01:20
 今回の柔道のケースは、2回全柔連が無視した後、トップアスリートを含む15名が連名で上部団体のJOCに提訴している。それでも監督が正しくて選手全員が間違っていると断言できるのでしょうか?
 教育の為という大義名分があれば全て許されるのですか?それは有り得ません。では体罰と暴力(身体的・精神的-言葉の暴力)の線引きをどのように行うのでしょうか?判断は非常に困難です。
 
 さらに教育や指導の現場では暴力を振るう以前に、上下関係が存在します。パワーハラスメントと暴力は一緒に起き易いのです。
 まず、体罰を認める前に、何が暴力や虐待とみなされるのか、そしてどういう悪影響を与えるのかを知るべきです。連盟の人間と指導者の再教育が必須だと思います。
Posted by しらたま at 2013年02月02日 14:11
あーあ お前ら、、馬鹿みたいにマスゴミに煽られて、色々(オリンピック、柔道、スポーツ、教育)駄目にしたな。
馬鹿みたいに何でも叩いて噛み付く、、、。 考えない馬鹿は消えろ!!!
体罰のレベルを話しあう知能を持とう。
Posted by え at 2013年02月02日 15:50
>え氏

いいんじゃないですか?このブログだって所詮は下らない釣りなんだし。
Posted by 匿名 at 2013年02月02日 17:25
15名の女子選手も顔を出して、はっきり意見を言えばいい。
なんなら、裁判に持ち込んでもいい。
マスゴミに煽られて、一方的に痛めつけるのは面白いかも知れないが、付和雷同過ぎる。
Posted by いも at 2013年02月03日 11:50
暴力を肯定はしません。

なんでも、飲み会を強要したとか、お酌までも強要したとか、そんなニュースが流れていました。

許しがたいですね。

この際です。

すべての暴力を徹底的に明らかにしていきましょう。

まず、楽天の星野監督。
過去の行いを見る限り、明らかに、指導者などありえません。

即解任すべきです。


日本のほとんどの会社では新人歓迎という名の出席強制パーティーが行われますし、お酌もしています。

これも、「暴力」ですね。



全員、「暴行罪」で、場合によっては刑事告訴しましょう。



法は万民に平等であり、

報道もまた平等であるべきです。


すべての暴力を報道してください。

番組スポンサーとなりうる会社の暴力であっても


と、いいたい
Posted by あ at 2013年02月08日 20:43
暴力と体罰をみそくそ一緒にしている
時点でおかしい。
問題なのはJOCでそれは大阪市教育委員会と同じ根っこだと。
dめおなんで今の時期に
公表しているのか?
疑問だな。
Posted by 河童工房('◇') at 2013年02月10日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック