検索
 

2013年02月19日

選挙のために休講にするのは当たり前だ。





日本を代表する国士として知られている片山さつき参議院議員。氏のツイートからは国士ゆえの正論がズバズバ飛び出してくる。見ていてとても気持ちがいいものだ。だがそんな片山先生に嫉妬?していちゃもんをつけるものがいたことがわかった。

 ちょっと前の話だが、公務員が退職金を減らされるということで駆け込み退職が相次いだということがあった。当然片山議員はその件を厳しく指弾したのだが、それについて逆ギレするのが出てしまったのだ。




 つまり片山議員は選挙のために授業を休講にしたのに人のことを言えるのか?言い放ったのだ。だが、片山議員は国士として知られており、選挙活動は日本のために絶対に必要だったのだ。もし民主党が不正をしてきたら清廉潔白な片山先生は落選してしまうかもしれなかった。だから選挙活動を行わざるを得なかったのである。したがって選挙の方が授業より優先されるのは当たり前だろう。

 こんな簡単なことにケチをつける人間は何を言っても無駄だろう。仮に授業が行われたとしても不合格になるのは目に見えている。むしろ授業をうけなくてよかったということだ。片山先生もそんないちゃもんをつける輩の顔など見たくもないだろうし。

 片山先生は在特会を応援する国士です。片山先生の下に集まれば必ずや日本が反映することは間違いないでしょう。そして片山先生に逆らう者は日本から出ていくべきだ。
ラベル:片山さつき
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
所得税を廃止すべき10の理由
・所得税は労働に対する罰金。勤労の美徳に反する反道徳的な税
・所得税は働いてない奴には課税されない。怠け者が無税で勤労者が重税なのは不公平だし不道徳
・努力や才能によって稼いだ人に重税を課して足を引っ張るのは悪平等。嫉妬するのではなく成功した人を称える風潮が必要だ
・頑張って働くほど重税になるのでは、頑張ったら損・働いたら負けになって、勤労意欲が低下し、経済成長を阻害する
・自由主義市場経済なのだから、個人の才能・運・努力の違いによって格差があるのは当たり前で無問題。結果の平等は悪平等
・そもそも労働に課税する合理的または倫理的理由がない
・個人直接税は非効率・複雑・不公平
・所得が100%捕捉され家族間の所得分割や経費が認められないサラリーマンだけが重税を搾取され、自営業者貴族は節税・脱税・私的経費計上し放題で捕捉率も低く税金払ってない。サラリーマンを差別・搾取・迫害する職業差別所得税は現代の部落差別制度である。非人道的で人権侵害だから廃止すべき
・労働者が労働の成果を完全に享受できず国家に搾取されるのは、マルクス的に言えば、労働者が労働から疎外されている
・経済成長と自立の精神を呼び起こすには、所得税で労働に罰金をかけるのではなく、むしろ「働いたら得、稼いだら得」という制度が必要
Posted by 逆ネトウヨ at 2013年02月19日 11:50
怠け者からもっと税を獲ったらいい。

勤勉な労働者だけを搾取する所得税は道徳的にも悪だし差別だから違憲。

社会契約論を提唱したホッブズは、「勤勉な倹約者より、怠惰の浪費家を優遇する必要がどこにあろうか? (=所得税は勤勉な者を搾取するが、消費税は浪費家ほど多くとることができる)」と言って、消費税の道徳的正当性を確立しました。

僕の理想は平等な人頭税だが、それだと可哀想だから消費税で許してやる。ありがたいべ?
Posted by 逆ネトウヨ at 2013年02月19日 11:53
英は住民税がありません。つまり日本の所得課税55%のほうが圧倒的に重税なんですね。
はい論破ー

日本は、英国より働いたら負けの重税国家。これはデータから明らか。
ちなみに、経済発展著しい独国は、500万円以下の給与は無税。
アメリカは最高税率40%、ロシアはフラットで13%、シンガポールは15%。

日本がいかに「働く者を迫害し、怠け者を甘やかしてきたか」が分かる。



>フランスはこれよりさらに高率の75%

極左オランドはこれを宣言して、国内外のエスタブリッシュメントから轟轟たる非難を受けて恥を晒しましたね。

ちなみに、憲法裁判所はこれを違憲と判定しました。護憲派のみなさん、どう思いますか? 憲法をないがしろにしる共産主義者ですよコイツは。

まあ、その左翼の星・オランド氏も、公約破って消費税率を20%に増税しましたね。諸君ら日本の左翼もこれを見習って消費税をもっと増税すべきですよね。

フランスは伝統的に間接税中心の国なんですね。左翼はフランスが大好きらしいですから、もっと勉強して消費税上げたらいいんです。
Posted by 逆ネトウヨ at 2013年02月19日 11:55
キチガイですか?
給与所得控除廃止したら経費が認められない現代の被差別部落民であるサラリーマンと、経費使い放題の脱税自営業者との「課税格差(捕捉率格差)」がますます広がる。

そもそも控除は稼いだ人を守る制度。稼がないと控除されない。給付は、一切労働しない怠け者にばら撒く制度。これじゃあ、キリギリスのほうが得だ。差別だ。

だいたい、何で自営業者の所得捕捉ができないからサラリーマンを増税するんですか? さらに社会保険負担まで増やせばますます「サラリーマン差別」が悪化する。

はっきり言って所得税を自営業者から取ることはできず、それゆえ所得税はサラリーマン差別税(現代の部落差別)だから所得税は一切認めないし許さない。

給与所得控除廃止は、サラリーマンの納税者としての権利を認めず、所得でない収入を所得と偽って重税を搾取している差別事件なので、経費使い放題の自営業者との「法の下の平等」に反し、サラリーマンが適正に課税される(経費を申告する)権利を剥奪しているので、違憲であることは確実です。

控除廃止なら組合の仲間と集団訴訟を起こします。

さらに、控除廃止論者のバカ左翼学者に家に、仲間といっしょに押しかけて正義の糾弾を行って吊し上げます。

あなたは「サラリーマンに不利な差別税(所得税)を維持し、増税する」という、部落差別主義者ですね。職業差別を煽るような人非人とは一切妥協しないし、今後、口をききません。

あなたの理屈は、「もしものリスクのために、毎月給与の半分を保険にかけて、普段は貧乏生活をしよう。これで安心だ」とか言ってる馬鹿です。

リスク回避のために、普段の生活が貧しいものになってしまえば、何の意味もない。いわば、幸福になるための保険で、毎日が貧しくつらく不幸な生活になっている。愚かしく、無残ですらある。

あなたはそれでいいかもしれないが、「バカ高い凶悪な保険制度」とも言うべき、あなたの唱える「控除廃止の凶悪所得大増税・重税」を、他のつつましく暮らしている労働者の押し付けるな。

毎日働いて、ささやかな幸福を味わっている我々労働者は、減税つーか無税を望んでいる。リスク回避のためと称して、サラリーマン(労働者)からだけ所得税重税を搾取し、自営業者は節税脱税・経費で税負担回避の特権を持ち、サラリーマンが差別され、地獄の部落差別体制の被害を受けている。

私は平等主義者なので、脱税自営業者”貴族”も平等に払う素晴らしい消費税を30%に増税すべきと確信する。
Posted by 逆ネトウヨ at 2013年02月19日 11:56
勝間和代が自由主義者てバカですか?

彼女は、「安倍ゲリ漏らし再登板を望む会」に名を連ねる、コテコテの「右翼」であり、経済的には「バラマキ国家社会主義者=リフレ派=土建派」の「左翼」です。


また、勝間は、「配偶者控除は差別ニダー 廃止しろー!!」と喚き散らして、健全な家庭を崩壊させようとする「過激派フェミニスト」で「家族解体論者=共産主義者」です。家族制度を破壊して、個人を国家統制のもとに置こうとし、控除廃止で重税を搾取し健全な家庭を撲滅せんとする、凶悪な「反日主義者」でしかありません。
Posted by 逆ネトウヨ at 2013年02月19日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック