検索
 

2013年02月20日

北朝鮮の核実験は日本の国益にもつながっていた





 北朝鮮の核実験は世界中を怒らせた。もちろん日本もだ。だが意外なことに北の核実験は日本の国益につながっていたのである。

 下村文科相は朝鮮学校を高校無償化の対象外とすることを決めた。一般からの意見を集めた結果ということだが、実際には核実験が引き金になったのは間違いない。事実、神奈川県は核実験を理由に予算案計上を見送ったのだ。

 朝鮮学校は言わずと知れたテロリストの予備軍が通うテロ支援学校、おそらく学校内では拉致の仕方や大量殺人の仕方が教えられてもおかしくはない。少なくとも金正恩の賛美はされているのだから。そんな学校に金が流れるのは愛国者として耐えられなかった。だが、北朝鮮の核実験は愛国者の願いをかなえてくれたわけだから感謝せずにはいられない。

 そう、北朝鮮の核実験は日本の国益にかなっていたのだ。核実験のたびに朝鮮学校への攻撃が強まるので弱まった時に効率的に核実験を行ってもらいたい。これで堂々と差別ができるし、在特会の行動がより正当化できるということだ。

 また北の核実験は日本も核武装が必要であることを教えてくれた。そして憲法9条を破棄しなければならないと多くの国民が真実を知ることができた。そう考えれば北朝鮮の核実験で一番得をしたのはわが日本、むしろこれからも核実験を行ってくれるように適当に圧力をかけてほしい。日本の国益にかなうのならば核実験はきれいな核実験に昇華されるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック