検索
 

2013年07月13日

安倍首相に対する菅の選挙妨害を絶対に許すな





 元首相の菅直人がまたもやブログで安倍晋三首相を攻撃しやがった。菅は安倍首相をウソツキ呼ばわりしたのだ。具体的に言うと、安倍首相はブログで「福島原発事故で、海水注入を止めたのは菅総理」と書いたという。それがウソだというのだ。

 だが、同じ首相経験者でありながら清廉潔白な安倍首相と、在任中に好き勝手やって国益を害し、平気でうそをついた菅。どちらが正しいかは言うまでもないだろう。だが本人は「謝罪せよ」という。まさに菅の心の祖国である韓国人そのものの思考だ。

 もともと菅はこの事故を利用して最低でも東日本を廃墟にしようとしていた。だが、安倍首相の活躍によって被害は福島だけに抑えられていたのである。これこそが真実なのだ。マスコミは民主党と仲が良いから隠蔽したのである。おそらく真実を伝えたのは産経と読売だけだったはずだ。

 国士に対する侮辱だけでも許されないが、更に許しがたいのはその件を利用して安倍首相を告訴しようとしているのだという。虚偽事項公表罪に仕立て上げようとしているのだ。これはまさに選挙妨害以外の何物でもない。

 私はあまりのことに怒りに震え、菅の守護霊にインタビューをすることにしてみた。(菅の深層心理にアクセスしたと考えればわかりやすい)そうするととんでもないことが次々と出てきたのである。

私「菅さんは安倍首相を告訴しようとしているのは本当ですか?」

菅の守護霊(以下菅)「ああそういうことだね。勝てるかどうかはわからないけど嫌がらせとしては最適だね。」

私「つまり根拠はないということですか?それこそ名誉棄損なのでは?」

菅「安倍はろくでもない人間だ。だから懲らしめてやるのさ、どうせ嫌がらせでやるんだから裁判で負けたっていいんだ。有権者はバカだからどうせすぐに忘れるよ」

私「あなたがバカにしている有権者が投票したから選挙で当選したのではないのですか?それはあまりにもひどい発言です。」

菅「有権者なんかどうでもいいんだよ。安倍のようなインチキ政治家に熱狂して賛美する連中なんかクズなのは常識だ。J−NSC(筆者注:自民党ネットサポーターズクラブ)は特にひどいな。あいつらは平気でデマを流す連中だ。」

私「J−NSCはデマなど流しません、真実にたまに嘘が紛れてしまう程度です。それにJ−SNCは神聖な工作集団であり、あまりにもひどい発言です。」

菅「うるさい、私は他人の不幸が生きがいなんだ。だから自民党の悪口を言うんだ。これからも嫌がらせをたくさんしてやるからな。」

 本当はまだまだたくさんあるのだが、あまりにも品格を書く発言ばかりだったのでこのブログのためにもならないと思いあえてのせなかった。このことからもわかるように菅は日本史上に残るろくでもない政治家だったということである。

 だが安倍総理はこのような妨害にも負けずに勝利をするであろう。安倍総理は日本を愛する愛国者だからだ。愛国者は正義であるから必ず最後は勝つのである。菅のような邪悪な政治家を必ずや引導を渡してくれるであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが愛国さま。本日も絶好調ですね!


これからも頭の悪い愛国者たちにご指導をお願いいたします。


だいぶ前ですが、愛国さまが櫻井よしこ女史を褒めちぎりながらAV女優の櫻井ゆうこの検索結果を表示する画面をUPされた時などは、愛国さまの溢れんばかりの知性に感激しました。


愛国さまがいらっしゃるだけで、日本の誇りは保てます。これからもご自愛ください!
Posted by 愛国さまバンザイ at 2013年07月13日 00:48
安倍首相を妨害する菅官房長官は全くもって許し難い。
斯様な人物が所属する政党の党首である安倍晋三には「愛国心の発露としての強制自殺」に追い込むべきであろう。

よって、安倍首相の選挙を妨害する者を許し難いと思う者は、安倍晋三が自殺に追い込まれるその時まで、安倍晋三に対する選挙妨害の手を緩めてはならぬ。
Posted by 長 勇 at 2013年07月13日 12:57
閣下!
それ、菅ちがいでっせ!

なぁんちゃつて(爆死)
Posted by 愛国原理主義衆道解放戦線 at 2013年07月14日 00:38
管。
まあよくも朝鮮人を総理にしたもんだ。
日本人、頑張りましょう。
二度と朝鮮人には、騙され無い様にしよう。 フィリピン人の強制送還の次は、在日朝鮮人を是非、お願いします。
Posted by 日本大好き at 2013年07月15日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック