検索
 

2013年07月15日

反日候補には特定アジアの国旗を持って応援に行こう





 参院選まであと一週間、自民党の優勢が伝えられるが何が起きるのかわからないのが選挙と言うものだ。この1週間で雄幅に情勢が変わる可能性もある。だからこそ反日候補にはイメージダウンになるようなことをする必要がある。そこで反日候補の応援には特定アジアの国旗を持って応援に行くべきなのだ。

 実例がある、特定日本人として知られる有田芳生参議院議員の街頭演説に韓国・中国・北朝鮮の国旗をもって応援する愛国者たちが現れたのである。




 有田本人はこの行為を糾弾しているが、反日にこう言われるという事は効果があったという何よりの証拠、強がってはいるが有田本人は真実を暴かれ阿それたのではないだろうか?

 このケースから考えても反日国旗を持って応援することは、その候補が反日であるというメッセージを街頭演説を聞いている真実を知らない有権者にアピールする絶好の大チャンスだ。あと1週間しかないが裏を返せばこの1週間以内に行えば投票日までに記憶されることだろう。だからこそより効果的なのだ。

 反日にはその象徴である特定アジアの国旗をたくさん持ちこんでイメージダウンをさせ落選をさせよう。特定アジアの国旗を持つことは汚れた行為であるが、これも日本のためと割り切れば安いものである。
ラベル:参議院選挙 国旗
posted by 愛国 at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど!!では大切な国土を危険にさらす原発推進やブラック企業の利益を守る反日候補にも特定アジアの国旗を持って応援に行くべきなのですね!
Posted by 哀哭者 at 2013年07月15日 09:06
もちろん、安倍晋三首相の応援をする際は、首相の生物学上の父親である文鮮明の写真を持って行くべきであろう
Posted by 長 勇 at 2013年07月15日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック